紫波町議会議員選挙2019開票結果速報

紫波町議会議員選挙結果2019の開票速報 立候補者一覧と当選者を紹介

本記事では2019年6月30日投開票の岩手県、紫波町議会議員選挙(紫波町議選)の開票速報と開票結果、立候補者名一覧と当選者情報などについてご紹介していきます。

岩手県紫波町は岩手県中部に位置する人口約31,000人弱の街となります。

今後4年間の紫波町の未来を決める大事な選挙となります。

選挙情勢や当選ラインなどについても予想してみましたので参考にしてくださいね。

紫波町議会議員選挙2019の開票速報・開票結果・当選者は?

紫波町議会議員選挙2019の開票結果は自治体やNHKなどの開票速報、最新の出口調査情報が発表されましたらこちらに追記していきます。

投開票まで今しばらくお待ち下さい。

【以下、開票結果追記済み】

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
1315戸塚 美穂47無所属紫波町議会議員
1250武田 平八67無所属会社員
1212.99藤原 恵子66公明農業
1160及川 ひとみ55共産政党役員
1018熊谷 育子62無所属紫波町議会議員
994浅沼 有朋60無所属農業
953.789北條 喜久男70無所属農業
840.589作山 秀一62無所属農業
796.514細川 久68無所属農業
796箱崎 勝之74無所属農業
791.485細川 恵一64共産政党役員
740.833阿部 美佳子59無所属紫波町議会議員
676根水 康博63無所属農業
645.21北條 聡65無所属会社員
625.68高橋 敬子57幸福実現党獣医師
591.781佐々木 純子55無所属農業
586.736藤原 修一67無所属自営業
305.166阿部 秀一75無所属理容業
165.218佐々木 賢一56無所属紫波町議会議員

紫波町議会議員選挙2019|選挙情勢や当選ラインを調査

2019年6月日執行の紫波町議会議員選挙の執行理由は任期満了です。

告示は6月25日にされ、定数18に対して19人が立候補しました。

立候補者の主な内訳は現職15人、新人4人で、党派別では共産2、公明1、幸福実現党1、無所属15となっています。

 

また、2019年の選挙情勢を計る上で参考になるのが、前回(2015年)の選挙結果です。

以下、2015年の紫波町議選の開票結果です。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
鷹木 嘉孝67無所属農業
武田 平八63無所属会社員
藤原 恵子62公明農業
阿部 美佳子55無所属自営業
佐々木 賢一52無所属無職
藤原 栄孝66無所属農業
細川 久64無所属農業
藤原 修一63無所属自営業
根水 康博59無所属農業
箱崎 勝之70無所属農業
北條 喜久男66無所属農業
細川 恵一60共産政党役員
村上 秀紀38無所属会社員
熊谷 育子58無所属NPO法人役員
及川 ひとみ51共産農業
佐々木 純子51無所属農業
戸塚 美穂43無所属無職
作山 秀一58無所属農業

と、前回(2015年)の同町議選は、定数18に対して現職11、新人7の計18人が立候補し、無投票で全員の当選でした。

更に前々回の2011年は定数20に対して21名が立候補し、投票率は68.2%でした。

今回の選挙では前々回同様に票の分散が決めてとなる中ため、当確ラインの数字の読みは少々難しいですが、いずれにせよ接戦となる可能性はあります。







紫波町議会議員選挙2019が行われる紫波町について

紫波町は、盛岡市から南に20kmほどの岩手県のほぼ中央に位置し、北上川が中央を流れ、東は北上高地、西は奥羽山脈までの総面積 238.98k㎡、人口約33,696人の町です。

 

国道4号など6本の幹線が町を南北に走り、インターチェンジやJR東北本線の3つの駅が あるなど、交通の便に恵まれた町であり、全国有数の生産量を誇るもち米、生産量県内一位の蕎麦や麦、そして各種野菜が作られています。

また、東部ではリンゴやブドウ、西部では西洋梨などのフルーツ栽培も盛んです。

 

紫波町では、公民連携による地域活性化が進められており、平成24年に紫波中央駅西口に図書館や農産物直売所を中心とした官民複合施設「オガールプラザ」、平成26年にはバレーボール専用施設と宿泊施設の民間複合施設「オガールベース」がオープンしました。

 

また、平成27年には役場新庁舎が同地区に開庁し、これに隣接する体育館やサッカー場への来場者を加えると、年間80万人以上の交流人口が生まれ、「オガールエリア」と呼ばれる新しい町の核が誕生しました。

このオガールエリアの充実は、 新聞・テレビをはじめとする多くのマスコミに取り上げられ、全国から多くの視察団が訪れているのもの特徴的です。

 

反面、街の中心であった日詰商店街は、衰退が危惧されており中心市街地の活性化が大きな課題となっています。

誘致企業の事業縮小による雇用の場の喪失や小規模事業者の減少も顕著であり、地場産業が乏しい状況を鑑みると、新たな雇用の創出も大きな課題です。

 

今後は、行政と地域住民との協働による課題解決や産業創出の具体例の積み上げが期待される。

紫波町議選2019に当選された議員の方にはこうした課題に前向きに取り組んでいってくれることを期待したいですね。

引き続き紫波町議会選挙2019の最新情報を追っていきます。

2019年6月30日執行されるその他地域の選挙

DAZNは1ヶ月間無料でお試し利用ができます😄

1ヶ月以内の解約なら料金が0円なので、まずは無料でお試し利用してみてください★彡

▼DAZN公式ホームページはこちら▼

error: Content is protected !!