大月市長選挙2019開票結果速報

大月市長選挙結果2019の開票速報や出口調査|立候補者の公約と情勢予想も

本記事では現職VS新人の一騎討ち選挙である山梨県、大月市長選挙2019の開票速報及び開票結果についてご紹介します。

2019年6月30日投開票の大月市長選挙は無所属新人で元市議の小林信保氏(53)と、4選を目指す無所属現職の石井由己雄氏(72)の2名が立候補しました。

立候補者の経歴や公約、選挙情勢、最新の出口調査情報などについても随時ご紹介していきます。

※同日執行の大月市議会議員選挙2019の開票結果はこちらです↓

大月市議会議員選挙結果2019の開票速報 立候補者一覧と当選者を紹介山梨県、大月市議会議員選挙(大月市議選)が2019年6月30日に投開票となります。こちらの記事では大月市議会選挙2019の開票速報・開票結果・最新の出口調査を随時お知らせ致します。立候補者名を一覧でご紹介すると共に、当選者落選者の得票数や投票率についてもまとめていきます。...

大月市長選挙|2019年の選挙開票速報・結果・出口調査

大月市長選挙2019の開票結果は開票速報や出口調査が発表され次第こちらに追記していきます。

投開票が行われるまで今しばらくお待ち下さい。

【以下、開票結果追記済み】

結果得票数氏名年齢党派新旧
当選9413小林 信保53無所属
7159石井 由己雄72無所属

大月市長選挙|2019年の立候補者の経歴や公約を調査

ここでは2019年の大月市長選挙に立候補した候補者の経歴や公約についてご紹介します。

投票を実施する際の参考情報としてご確認くださいね。

石井 由己雄(いしい ゆきお)の経歴プロフィール

  • 名前:石井 由己雄(いしい ゆきお)
  • 現年齢:72歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・現
  • 肩書き:公務員(大月市現市長)
  • 学歴:日本大学理工学部土木工学科
  • 職歴:昭和44年4月石井工業株式会社入社、昭和63年9月石井工業株式会社代表取締役社長、平成15年5月 社団法人山梨県建設業協会会長

2007年7月に行われた大月市長選挙に出馬し初当選。

2011年(平成23年)7月、無投票により2期目の当選。

2015年(平成27年)7月、8年振りの選挙戦に勝利し3期目の当選。

掲げる公約や主張

負債を抱えた市土地開発公社の整理、市立中央病院の経営健全化、小中学校の統廃合を進め、「医療と教育に独自の流れを作った」と自負する。

改革の成果で官民一体となった駅周辺の有効地の活用で、街は活性化する。

また市の87%を占める森林を生かした街づくりも考えている。

大月市は12年前356億円の大きな負債があった。まだまだ負債はあるが、この12年間で76億円を削減し、280億円となったと主張。

長崎幸太郎知事らの支援を受けて3期12年の実績を強調。

小林 信保(こばやし のぶやす)の経歴プロフィール

  • 名前:小林信保(こばやし のぶやす)
  • 現年齢:53歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:不動産賃貸業、前市議
  • 学歴:法政大学工学部
  • 職歴: 建設資材販売、興国ハウジング、水下ベニヤ商会
掲げる公約や主張

5つの基本方針

  1. 市長の給料と退職金をカットし、にぎわいを創り出す活動への投資を行う。
  2. 中央病院の経営改善を実現し、その後、18歳以下医療費無料等子供たちへの投資を行う。
  3. 誰もが住み慣れた地域で幸せに暮らし続けられる仕組みを作る。
  4. 市役所を真に「市民の役に立つ所」にする。
  5. いつまでも親しみやすい身近な存在のリーダーを目指す。

基本政策

行財政改革

  • 財政の健全化を達成するまで市長給料50%・退職金をカットする。(850万円削減)
  • 職員のやる気を引き出す研修制度や職場の仕組みを構築し、働き方改革を実施する。
  • 一つ一つの事業を見える化し費用対効果を高める為に事務事業の評価と棚卸を実施する。
  • 人件費の削減を目指す。
  • にぎわい「彩あふれる食の街 大月」を目指しチャレンジショップ、屋台村の創出を目指す。(予算300万円)
  • 市民活動支援を目指した助成金制度を創出する。(予算200万円)
  • 観光の情報拠点の整備拡充を図る。(予算350万円)
  • 企業、起業支援を行う桃太郎ビズを検討する。
  • スポーツツーリズム・メディカルツーリズム・教育ツーリズムを検討する。
  • こども自らの将来を考える子供の育成を目指し企業と教育の連携の更なる充実を目指す。
  • 地域と家庭と学校をつなぐ愛育活動と学童保育の更なる充実を目指す。
  • 質の高い教育がしやすい環境整備と支援を行う。







大月市長選挙|2019年の選挙情勢や当選・落選予想を調査

2019年の大月市長選挙の情勢を見つつ、当選落選の予想をしてみました。

まず、過去の大月市長選挙を振り返ってみます。2007年は、無所属新人2人の闘いを石井氏が制した。

当選石井 ゆきお無所属60歳(男)新人12,454 票
相馬 紀夫無所属60歳(男)新人8,660 票

 

次に2011年は、無投票で石井氏が再選を果たしました。

当選石井 ゆきお無所属64歳(男)現職– 票

 

そして、前回(2015年)は、石井氏に新人の棚本氏が挑むも結果は、石井氏の3選となりました。

当選石井 ゆきお無所属68歳(男)現職10,268 票
棚本 邦由無所属59歳(男)新人7,849 票

 

今回2019年の市長選は、財政健全化の在り方や人口減少対策などが争点となっています。

3期務めた石井氏は12年の実績を強調していますが、対する小林氏は市の財政健全化と市街地の活性化を市政の課題に挙げています。

つまり「現市政の継続か転換か」も主な争点となっています。

長期12年にわたる石井市政に対する市民の判断が鍵となり激戦が予想されます。

最後まで気を抜かず選挙戦の結果を追っていきたいと思います。

2019年6月30日執行されるその他地域の選挙

DAZNは1ヶ月間無料でお試し利用ができます😄

1ヶ月以内の解約なら料金が0円なので、まずは無料でお試し利用してみてください★彡

▼DAZN公式ホームページはこちら▼

error: Content is protected !!