かつらぎ町長選挙2019開票結果速報

かつらぎ町長選挙結果2019の開票速報や出口調査|立候補者の公約と情勢予想も

本記事では現職VS新人の一騎討ち選挙である和歌山県、かつらぎ町長選挙2019の開票速報及び開票結果についてご紹介します。

2019年9月22日投開票のかつらぎ町長選挙はいずれも無所属で新人で元海南市産業振興課長の中阪雅則氏(57)と、3選を目指す現職町長の井本泰造氏(67)=自民推薦=の無所属2名が立候補しました。

立候補者の経歴や公約、選挙情勢、最新の出口調査情報などについても随時ご紹介していきます。

かつらぎ町町長選挙|2019年の選挙開票速報・結果・NHK出口調査

かつらぎ町長選挙2019の開票結果は開票速報や出口調査が発表され次第こちらに追記していきます。

投開票が行われるまで今しばらくお待ち下さい。

氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
中阪 雅則57無所属農業
なかさか まさのり
井本 泰造67無所属かつらぎ町長
いもと たいぞう

かつらぎ町長選挙|2019年の立候補者の経歴や公約を調査

ここでは2019年のかつらぎ町長選挙に立候補した候補者の経歴や公約についてご紹介します。

投票を実施する際の参考情報としてご確認くださいね。

井本 泰造(いもと たいぞう)の経歴やプロフィール

  • 名前:井本 泰造(いもと たいぞう)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党推薦)
  • 肩書き:かつらぎ町長(2期目)
  • 学歴:和歌山県立笠田高等学校卒業
  • 職歴:かつらぎ町職員、かつらぎ町長(2期目)

簡単な経歴

高校卒業後、かつらぎ町役場に入所。総務課長、企画公室長などを歴任。2011年の町長選挙に立候補して当選、現在2期目。「住民に約束した5点(の政策)を重点に取り組んできたが達成できておらず、3期目に挑戦したい」と、今回も立候補を決意。

主な公約・政策主張

井本氏は、「4年間で人口減少に歯止めをかけるため、さまざまな施策を実行したい」と訴え、公約のうち重点項目として、①町の活性化②「健康寿命日本一」を目指す町民の健康づくり③防災・防犯の推進、などを強調しています。

中阪 雅則(なかさか まさのり)の経歴やプロフィール

  • 名前:中阪 雅則(なかさか まさのり)
  • 現年齢:57歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:農業
  • 学歴:中京大学卒業
  • 職歴:海南市職員、農業

簡単な経歴

大学卒業後、海南市役所に入所。産業振興課課長などを歴任。町政に「新しい風を!」と、今回立候補を決意。

主な公約・政策主張

中阪氏は、「町の課題である人口減少対策や財政状況の改善などのために、防災・減災対策、産業(農林・商工業)の活性化、子育て環境・教育、福祉施策の充実に取り組む」ことを公約に掲げ、「やり方次第でまちづくりは変わる。20年先を見据えて取り組みたい」と訴えています。

かつらぎ町長選挙|2019年の選挙情勢や当選・落選予想を調査

3選を目指す現職の井本氏と新人の中阪氏との一騎打ちとなりました。前回(2015年)は無投票でしたので、8年ぶりの選挙戦となりました。

 

福祉の充実や子育て環境の整備、全国有数の生産量を誇る柿など農業の活性化、財政の立て直しなどをめぐって論戦が交わされていますが、今のところ、現職の強みを活かしている井本氏がやや有利な状況にあると思われます。

2019年9月22日執行されるその他地域の選挙

DAZNは1ヶ月間無料でお試し利用ができます😄

1ヶ月以内の解約なら料金が0円なので、まずは無料でお試し利用してみてください★彡

▼DAZN公式ホームページはこちら▼