泉崎村議会議員選挙2019開票結果速報

泉崎村議会議員選挙 開票結果速報2019 立候補者と当選者・情勢予想

任期満了に伴い2019年9月22日に投開票となる福島県泉崎村議会議員選挙(泉崎村議選)

こちらでは泉崎村村議会議員選挙2019立候補者一覧と開票速報及び開票結果(当選者と落選者)、投票率、選挙情勢についてご紹介します。

泉崎村村議会議員選挙2019年の結果速報・開票結果・当選者出口調査最新情報

泉崎村村議会議員選挙2019の結果は自治体の選挙管理委員会による開票速報やNHKなどの当確出口調査情報が入り次第こちらに追記していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
開票待ち小針 辰男67無所属会社員
こばり たつお
開票待ち野崎 隆45無所属自営業
のざき たかし
開票待ち鈴木 盛利72無所属農業
すずき もりとし
開票待ち鈴木 清美70無所属自営業
すずき きよみ
開票待ち木野内 悟48無所属農業
きのうち さとる
開票待ち岡部 英夫69無所属会社役員
おかべ ひでお
開票待ち飛知和 良子75無所属無職
ひちわ りょうこ
開票待ち白石 正雄69共産農業
しらいし まさお
開票待ち広瀬 英一61無所属建築設計士
ひろせ ひでかず
開票待ち田崎 能信81無所属無職
たさき よしのぶ
開票待ち中野目 正治64無所属会社役員
なかのめ まさはる








泉崎村議会議員選挙2019年の立候補者一覧と選挙情勢

こちらでは泉崎村議選に立候補した候補者情報から選挙戦の情勢を見ていきたいと思います。まず立候補者一覧です。

氏名年齢党派新旧主な肩書き
小針 辰男67無所属会社員
野崎 隆45無所属自営業
鈴木 盛利72無所属農業
鈴木 清美70無所属自営業
木野内 悟48無所属農業
岡部 英夫69無所属会社役員
飛知和 良子75無所属無職
白石 正雄69共産農業
広瀬 英一61無所属建築設計士
田崎 能信81無所属無職
中野目 正治64無所属会社役員

 

今回の泉崎村議選は、定員10に対して立候補者は11名。前回の2015年から定数の変更はありません。立候補者は2015年には12名、2011年には11名の届け出がありました(2011年の定数も10)。

 

次に立候補者を分析してみます。現職8新人3元職0人です。全体の平均年齢は65.55歳と高めの印象を受けます。立候補者世代別人数を見てみます。

年代人数
30代0
40代2
50代0
60代5
70代3
80代1

 

60代から80代で9人の立候補があり、全体の82%を占めています。最年少は45歳、最年長は81歳です。30代と50代の立候補者がいませんでした。ちなみに党派別人数は以下の通りです。

党派人数
共産党1
無所属10

 

前回と同じく共産党から1人立候補している以外は無所属での立候補です。

 

泉崎村の村議当選の傾向を把握するために、現職・新人・元職の当選率を2015年、2011年について算出してみました。

2015年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
新人31233
現職990100
2011年人数(人)当選(人)落選(人)当選確率(%)
現職98189
元職220100

 

2015年は現職が全員当選しています。2011年は新人の立候補がなく、元職2人が返り咲きを果たしています。今回は現職8人に対し新人が3人立候補しており、前回と同じく現職全員が議席を守ることができるか注目です。

投票率は2015年が74.78%、2011年は79.43%と高い投票率を記録しています。

 

2015年は10位と次点候補の票差は47票と僅差、2011年はわずか1票差の大接戦でした。2011年と同じく今回も1人しか落選しないため、大変厳しい選挙戦が予想されます。

参考:2015年泉崎村議会議員選挙の開票結果

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
508.534中野目 正治60無所属会社役員
なかのめ まさはる
478白石 正雄65共産農業
しらいし まさお
415岡部 英夫65無所属自営業
おかべ ひでお
368飛知和 良子71無所属無職
ひちわ りょうこ
352.548鈴木 清美66無所属自営業
すずき きよみ
352田崎 能信77無所属無職
たさき よしのぶ
338星 一66無所属農業
ほし はじめ
290.451鈴木 盛利68無所属農業
すずき もりとし
261小林 勝衛70無所属農業
こばやし かつえ
201広瀬 英一57無所属建築設計士
ひろせ ひでかず
154.465菊地 政春60無所属自営業
きくち まさはる
126小針 辰男63無所属会社員
こばり たつお








福島県泉崎村の特徴や抱える課題

泉崎村は福島県の中通り南部に位置しています。白河市や中島村、矢吹町と接しており、総面積は35.40k㎡を有しています。

1954年に川崎村と関平村が合併して泉崎村が誕生しました。内陸型の気候に属しますが比較的な温暖な気候で、積雪は少なく期間もわずかです。

 

白河丘陵と須賀川盆地の間に位置し、町内には阿武隈川が流れています。阿武隈川に接する低地部で標高は約300m前後、最高地点は南部に位置する鳥峠で485.7mです。

産業は第一次産業が中心で、米や葉たばこ、野菜の栽培が行われています。農産物の中でも特にはと麦が有名で、はと麦茶は皮膚の調子を整え新陳代謝を促す作用があり、健康づくりに役立つ製品として人気があります。

 

史跡名勝天然記念物に指定されている泉崎横穴は7世紀末の装飾古墳であり、石室の奥壁には壁画が残されており、副葬品が出土しています。周辺から見つかった遺跡と合わせ、6世紀後半から8世紀初めまでの白河地方の中心地だったことが推定されます。

交通ネットワークはJR東北本線の泉崎駅があり、東北新幹線の停車駅である郡山駅までは約30分の所要時間、同じく新白河駅までの所要時間は約15分とアクセスは抜群です。

 

高速道路は東北自動車道が村内を通っていますがインターチェンジはなく、矢吹町の矢吹インターチェンジが車で約5分の距離にあります。東北地方の主動線である国道4号も南北に通っており、村の中心部から福島空港まで約20分と、自動車での移動も容易で交通の利便性が高い特徴があります。

 

泉崎村では1995年の6,924人をピークに人口の減少が始まりましたが、天王台ニュータウンの分譲や生活環境の整備で2010年には2000年の6,761人から増加し、6,802人になりました。しかし、東京圏への人口の流出や少子高齢化が進んでいることから2060年の人口は3,110人と推計され、人口減少への取り組みが求められています。

 

「第5次泉崎村総合振興計画」が策定され、村づくりの指針を示していますが、補完する形で「泉崎村まち・ひと・しごと創生総合戦略」を発表し、5つの基本目標を提示しています。

  • ひとを育む
  1. 結婚・出産・子育てへの切れ目のない支援
  • しごとをつくる
  1. 企業誘致等の促進
  2. 産品の販路拡大
  3. 未来につながる農業づくり
  • ひとの流れをつくる
  1. 移住・定住の促進
  2. 観光振興による人の流れの促進
  3. 観光・交流の基盤となるス ポーツ・文化の振興
  • 安心をつくる
  1. 暮らしの安全・安心の確保
  2. 医療と福祉の充実・連携
  • まちをつなぐ
  1. 地域間連携の推進

 

全国的に人口減少が進む自治体が多い中、ニュータウンの造成や生活環境の整備を行い、減少幅を小さくしている泉崎村。しかし、今後は都市圏への人口流出や少子高齢化が進み、人口が大きく減少していくことが予想されます。子育て支援や企業誘致を進め、若者世代の定住や雇用の創出で村外へ転出した人々を呼び戻すことが必要になってきます。

総合振興計画に掲げている「心豊かで元気あふれる村づくり」を実現するために、皆さんの貴重な1票を投じに投票所へ足を運んでみてはいかかでしょうか。

2019年泉崎村議会議員選挙の日程や期日前投票情報など

  • 告示日:2019年9月15日
  • 投票日:2019年9月22日
  • 開票日時:即日開票
  • 開票場所:
  • 期日前投票(期間):2019年9月16日~9月21日 午前8時30分~午後8時まで
  • 期日前投票(投票場所):

2019年9月22日投開票の選挙

DAZNは1ヶ月間無料でお試し利用ができます😄

1ヶ月以内の解約なら料金が0円なので、まずは無料でお試し利用してみてください★彡

▼DAZN公式ホームページはこちら▼