おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 ヤクルト

ヤクルトスワローズ2018!来季の次期新監督候補と予想!高津・宮本・古田

2017/08/22

ヤクルト 真中監督 解任

先日紹介したロッテの伊藤監督の退任発表からそれほど間も空いてませんが、現在セリーグ最下位に沈んでいるヤクルトスワローズ・真中監督が退任する見込みであることが分かりました。

本記事では、今シーズンのヤクルトの成績などを振り返ると共に、既に報道されている新監督候補についてもご紹介します!

Sponsored Links

8月22日真中監督コメント追記!

「しっかり相談しまして、今季限りで辞任するということで決定しました」続投要請を受けて「今季も精いっぱいやった中、なかなか結果が出ずにこんな状況になってしまった。正直、自分自身も来季1年やらせてもらったところでなかなか厳しいなという判断で。これ以上ファンに迷惑をかけられません。

来季1年の延長を固辞し、退任の道を選んだ理由は「現状ではきれい事では済まない部分もありますし、来季もし1年指揮を執ったところで、僕が勝つ自信がありませんので、そんな中引き受けても失礼だなと思いますので、そういう判断になりました」

シーズン終了まで指揮を執り、退任後は球団に残らず退団するとのことです。

今シーズンのヤクルトの成績や休養解任の可能性は…

ヤクルト 真中 監督 退任

15年に就任し、就任1年目にして14年ぶりのリーグ優勝に導いた真中監督ですが、今季は主力選手の相次いだ怪我や度重なる大型連敗で気が付けば借金33の最下位(8/21現在)に沈んでいます。3年契約の最終年を迎えて任期満了に伴い退任する見込みです。

  • 38勝、71敗、2分。チーム打率.238、防御率4.21

チーム打率と防御率は共に、ロッテに次ぐワースト2位です。就任1年目には打率リーグトップであった強力打線も、けが人続出で鳴りを潜めています。

ここで一部で噂されている休養解任についてですが、休養解任の可能性は極めて低いと本サイトでは予想します。

確かに来季V奪還を目指し早々に新スタッフ陣やコーチ陣の人事を定める事は非常に大事ですが、今季まだ終わった訳ではなくこれまでの低迷理由も真中監督だけではなく、度重なる主力の怪我なども大いにあげられるからです。

怪我人が続出した後も若手を積極的に起用したり、選手や打順入れ替えなど様々試行錯誤もありましたが、選手層の薄さ故どうしても勝利に結びつかなかったことも今季の低迷理由の一つでしょう。

上記の理由から休養解任の可能性は低く今季限りの退任となると予想します。

Sponsored Links

現在までの来季監督候補一覧と予想!

ヤクルト 高津

現在までに次期監督候補に挙がっているのは、昨年は1軍投手コーチ、今季から2軍監督の高津臣吾、更に伊藤智仁投手コーチ、以前は選手権監督の重責を担い「代打、俺!」で有名な古田敦也、フルスイングが代名詞!「ブンブン丸」の愛称でも有名な現楽天打撃コーチ池山隆寛、最後に以前は選手兼任コーチを務めていた宮本慎也などが上がっています!

本サイトでの予想は…

  • 本命:高津臣吾・伊藤智仁(内部昇格)
  • 対抗:古田敦也
  • 大穴:池山隆寛・宮本慎也

今日発売された日刊スポーツのみ真中監督への続投要請が報じられています。しかし、受諾は不透明でやはり来季の新監督が注目されています。

最後に

ヤクルトの衣笠剛球団社長兼オーナー代行は常々「就任初年度に優勝した。彼は非凡な物を持っているし、能力がある」と評しており、今季不振に喘ぐヤクルトを見てもその評価は変わっていません。

来季主力の怪我が治り、戦力さえそろえば来季の上位進出、はたまたV奪還も可能とし、4年目も真中監督に託したいのかもしれません。

しかし、これだけの不振。今季の成績ではやはり責任を取って辞任する方向で考えてしまいますよね…

ともあれ、現在もシーズン中!戦っている選手がいる中でゴチャゴチャっとしてしまうことだけは避けたい!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, ヤクルト