おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

WBC スポーツ

WBC2017メジャー組前田健太・田中将大出場辞退!前大会成績と世間の声

2017/01/17

wbc2017

いよいよ3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(World Baseball Classic)2017!サッカーはワールドカップ!そして、野球はWBC!負けられない戦いが待っているんです!2006年第一回大会、2009年第二回大会と優勝してきました。そして、3連覇のかかった2013年第三回大会!我らが侍ジャパンは苦汁を嘗めました…本記事では、残念ながら出場辞退となったマエケンこと前田健太投手と、辞退濃厚なマー君こと田中将大投手の前大会成績をご紹介すると共に、このことについて世間の反応もご紹介します。

Sponsored Links

マエケンとマー君の前大会成績

WBC 田中 マー君 

  • 田中将大
  • WBC2013:4登板、7回、防御率2.57
  • 代表通算:14試合、1勝、22 1/3回、防御率2.82

田中将大投手の登板は今のところ先発は2試合のみで、それ以外は救援登板。意外といったら意外ですよね!しかし、防御率は通算でも2.82と素晴らしい数字を残しているので出場辞退は侍ジャパンにとって痛手となるでしょう…

wbc マエケン 前田

  • 前田健太
  • WBC2013:3登坂、15回、二勝一敗、防御率0.60
  • 代表通算:7試合、33回、5勝一敗、防御率1.64

前田健太投手の成績は全試合先発として登板し驚異的な成績を残してきました。防御率1.64…これだけの代表成績を残している前田健太投手のWBC2017の出場辞退は致命傷にもなりかねない痛手…この穴を埋めるとなると侍ジャパンの投手陣への負担も相当でしょう。

Sponsored Links

みんなの反応

最後に

やはり球団側が難色を示したようですね…世間の皆さんの声もとても残念がる声で溢れていました…オフでバラエティ番組に引っ張りだこのマエケンさんに対しては少し辛辣な意見も少なからずありました…しかし、球団がノーと言えば仕方ないですよね…

田中投手だけでなく、岩隈投手やダルビッシュ有投手も辞退は濃厚とみられています…メジャー組の投手陣はほぼ参加できないと思われています。マーリンズに所属する田澤投手も残っていますが、移籍初年度で球団の待ったがかかる可能性は十分あり参加不透明

メジャー組投手陣がほぼ不参加となると、大谷選手を投手起用する可能性も高まり根本的に見直す可能性も出てきます。阪神の藤浪投手も構想外が予想されていますし…今後の侍ジャパンのメンバー選考から目が離せません。

Sponsored Links

-WBC, スポーツ