おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 中日

中日ドラゴンズ2017!ビシエドの帰国と復帰はいつ頃?退団の可能性は…

中日ビシエド 帰国4

ビシエドが…ビシエドが帰ってきません!

現在4位につけており、3位DeNAとのゲーム差は4.5。5位とはたった2ゲーム差で巨人の足音も聞こえてきています。

ビシエドの打撃が少しくらい不振であっても層の薄い中日にとっては長期の離脱は死活問題にもなりかねません。なんとか、CS圏内の3位に早々に付きたい所なのにこのまま帰国しないとなるとビシエドのせいで!?ともなりかねません…

本日は、現在帰国中のビシエドについて今季の成績なども含めご紹介すると共に、市民権取得に時間がかかっている理由、帰国時期や退団の可能性についても検証してみます。

Sponsored Links

ビシエドとは|成績や年俸、背番号を添えて…

中日 ビシエド 帰国 3

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 出身地:キューバ ビジャ・クララ州レメディオス
  • 生年月日:1989年3月10日
  • 年齢:28歳
  • 身長:185 cm
  • 体重:108 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:一塁手、左翼手
  • 背番号:66
  • プロ入り:2009年 アマチュア・フリーエージェントとしてシカゴ・ホワイトソックスと契約
  • 初出場:MLB / 2010年6月20日
  • NPB / 2016年3月25日
  • 年俸:1億7,000万円+出来高(2016年)
  • 経歴:ナランハス・デ・ビジャ・クララ/シカゴ・ホワイトソックス (2010 - 2014)/中日ドラゴンズ (2016 - )
  • 代表チーム:キューバ代表
  • 2016成績:119試合、打率.274、22本塁打、68打点

キューバ時代から優れたバッティング技術を持っており、広角に打ち分けられる打撃で本塁打も全方向に打ち込めるほど。フリースインガーでボール球であろうと降ってしまい早打ちの傾向が非常に強かったのですが、近年はそれも改善されつつあります。

また、守備に関しては課題も多く、守備範囲が異常に狭くキューバ時代代表監督には、「彼は優れた打撃技術を持っているが、同時に年齢の割に驚くほど守備の動きが鈍い」と評すほど…。

一塁手としての起用が主体ですが、昨年は強肩を備えているため左翼手で8試合に出場しています。

そして、ビシエドを起用する上で非常にネックなのがあまりに激しい好不調の波。昨年は、3.4月が打率.347、9本塁打を記録しましたが交流戦では不調に陥り打率.182、2本塁打。そして救援明け以降も完全な復調とはいかず打率.219、3本塁打で終戦となりました。

ただ!阪神タイガースとの相性はべらぼうに良いんです。阪神ファンの中にはもはや打たれすぎてビシエドだけは好き♪みたいになっているファンも多いはず!ちなみに、昨年の対阪神戦成績は22試合、打率.377、7本塁打、20打点。本塁打はシーズンの成績の三分の一が阪神戦!ビシエドが不調に陥ったときは逆に心配した阪神ファンもいたとか…

そして、今季帰国するまでの成績は64試合に出場し打率.246、13本塁打、38打点を記録していました。アメリカに帰国する前の交流戦成績こそ規定打席到達打者で最下位となる打率.117ですが、5月は全試合に4番に座って月間MVPとなる活躍をしチームを押し上げてくれていました。

Sponsored Links

ビシエドが市民権の取得を失敗した理由!復帰時期と退団の可能性について…

中日 ビシエド 帰国2

ビシエドがそもそも帰国したのはアメリカの市民権の取得手続きの為です。球団代表が語る本来の予定ですと手続きは1日では終わり、リーグ再開された6月23日には帰国予定でした。なので出場選手登録も抹消はしていませんでした。

しかし!帰国から5日たった21日にビシエドは帰国しておらず、球団関係者は「今日の段階では日本に帰ってきていない、手続きに時間がかかっているしか考えられない」と語っています。また、森監督も「知らん!帰ってこないよ、クビだよ!」と激怒。

そして、球宴前復帰も不透明で前半戦不在が濃厚となっています。

さて!ここまで、市民権の取得に難航したのには理由がありました。

それは、永住権を取得していながら日本に居住しプロ野球選手として活躍しているビシエドは、米国での継続的な居住を放棄しているとみなされているからなのです。

またトランプ政権になったことも理由の一つとして間違いなくあげられるでしょう。

しかし、現在ビシエドは既に面談も済ませており資料も提出済み。あとは承認を得るだけとなっています。こればっかりは、最早ビシエドにもどうしようもありません。

現在まだ来日のめどは立っておらず、まだしばらく日数がかかることからやはり復帰時期は球宴明けが現実的でしょう。

さて、来季退団の可能性についてですが今季後半戦の奮起にかかっていると予想します。現在開幕こそスタートダッシュは出来ませんでしたが、5月MVPを取るなどチームの力には間違いなくなっています。しかし、やはり激しい好不調の波交流戦では規定到達者最下位。後半戦の成績如何では大幅減俸、最悪クビもありえると予想します。

最後に

なんとか前半戦目の前のDeNAとの距離を縮めるか、あわよくば3位につけたい所!巨人の足音も迫っているため無駄な敗戦は絶対に避けたいですよね。

現在阪神も1位広島と7.5差まで離されてしまい完全に広島の独走状態…!絶対に止めたい!!

球宴に向けていい状態で前半戦を終えて、後半戦のスタートダッシュを決めれるか!?ビシエドの存在は間違いなく大きくなんとか後半戦の再開までに帰国してほしいですね…!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 中日