おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

イベント 芸能・エンタメ

フェルメール展東京上野の森美術家2018|みどころと前売り券チケット真珠の耳飾りの少女は?

フェルメール展 1

展覧会フェルメール展が東京・上野の森美術館で開催されます。

今回は国内美術展史上最多の作品が集結しており、中には日本初公開作品も

本記事では、フェルメール展のみどころや前売り券チケット購入方法や、混雑予想、気になる『真珠の首飾りの女』についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

フェルメール展とは…

フェルメール展2

オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。今回は、そのうち8点までが東京に集結する、日本美術展史上最大の「フェルメール展」です。

欧米の主要美術館から特別に貸し出される、日本初公開作を含む傑作の数々が、上野の森美術館の【フェルメール・ルーム】に一堂に会します。

日本美術展史上、最多のフェルメール作品が集う本展は、大変な混雑が予想されるため、美術展では適用の少ない「日時指定入場制」にて、お客さまをご入場の際に長時間お待たせせず、ご覧いただく運営をめざします。さらに来場者全員に音声ガイドを無料でご提供するなど、より快適に作品と向き合える、かつてない贅沢なひとときをおとどけします。

そして、フェルメールだけでなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性をご紹介いたします。

開催概要

  • 展覧会名:フェルメール展 Making the Difference:Vermeer and Dutch Art
  • 会期:2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)※会期中、一部作品の展示替えあり。
  • 休館日:12月13日(木) ※休館日が追加となる場合あり。
  • 開館時間:開館時間は9:30~20:30 ※開館・閉館時間が異なる日あり。確認はこちら
  • 会場:上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2

ヨハネス・フェルメールとは…

フェルメール展4

  • 生誕:1632年10月31日 / ネーデルラント連邦共和国 デルフト
  • 死没:1675年12月15日(43歳) / ネーデルラント連邦共和国 デルフト
  • 国籍:オランダ
  • 代表作:『真珠の耳飾りの少女』、『牛乳を注ぐ女』、『デルフト眺望』など
  • 運動・動向:オランダ黄金時代、バロック絵画
  • 後援者:ピーテル・ファン・ライフェン
  • 影響を与えた芸術家:カレル・ファブリティウス、レオネルト・ブラマー

21歳から画家として活動を始め、主に風俗画を描いていました。

吟味された構図、緻密な筆遣い、優しく穏やかな光の表現を用いながら、美しく洗練された作品を残しています。

当時はデルフトの画家組合の理事を務めており、パトロンからも高く評価を受けていましたが、43歳で没すると次第に忘れ去られます。

19世紀に入り作品が再発見され、改めて高い評価を受け現在は世界的にも屈指の画家として人気を集めています。

ちなみに、現存する作品は35点と言われています。

みどころ

フェルメール展7

  • 牛乳を注ぐ女
  • マルタとマリアの家のキリスト
  • 手紙を書く婦人と召使い
  • ワイングラス【日本初公開】
  • 手紙を書く女
  • 赤い帽子の娘【日本初公開】
  • リュートを調弦する女
  • 真珠の首飾りの女

今回は現存する35作の中から8作品が、欧米の主要美術館から特別に貸し出されています。中には日本初公開の作品が2点も。

更に、これらの絵画は『フェルメール・ルーム』として、一つの部屋に飾られます。

フェルメール自身も目にしたことのない奇跡の光景がそこには広がっています。

更に来場者には音声ガイドが無料提供され、フェルメールだけではなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらオランダ同時代の絵画と合わせた約50点の作品を見ることが出来ます。

Sponsored Links

真珠の耳飾りの少女について

フェルメール5

フェルメールを知らない方も間違いなく一度は見たことがあるのが代表作『真珠の耳飾りの少女』

残念ながら今回の美術展では見ることは叶いません。

フェルメール展混雑予想

フェルメール展6

フェルメール展は間違いなく大変な混雑が予想されます。

しかし今回は美術展では適用の少ない「日時指定入場制」を取っており、それほど長時間待つ心配は必要なさそうです。

前売り券・チケットについて

フェルメール7

前売日時指定券

  • 一般:2,500円
  • 大学・高校生:1,800円
  • 中学・小学生:1,000円

※未就学児は無料

※前売日時指定券料金は、来場日前日の23:59までの受付完了分が適用となります。

※各時間枠の前売日時指定券は、予定枚数に達し次第販売終了となります。

  • 図録付前売日時指定券:5,000円

※図録:2,800円(税込・予定)と、前売日時指定券セット

※予定枚数に達し次第受付終了

チケット購入はこちら

当日日時指定券

  • 一般:2,700円
  • 大学・高校生:2,000円
  • 中学・小学生:1,200円

※前売日時指定券の販売に余裕があった入場時間枠のみ販売いたします。

※販売場所:「フェルメール展」会場チケット窓口 / インターネット / 電話(オペレーター対応のみ) / 店舗

数量限定!企画チケット

  • リュート演奏付特別鑑賞会チケット:25,000円

フェルメール展を人数限定で鑑賞するプレミアムチケットの販売が決定。

館内では、世界的リュート奏者・瀧井レオナルド氏と佐藤裕希恵氏(ソプラノ)のデュオVox Poetica(ヴォクス・ポエティカ)による生演奏を行います。フェルメールも作品に描いた、リュートの素朴で美しいメロディをお楽しみください。

本展公式図録(1冊)と公式タイアップCD「フェルメール~絵の中の音楽」(1枚)付きです。

日時:2018年11月19日(月)19:00~20:30

チケット購入はこちら(フジテレビダイレクト)かこちら(チケットぴあ)からどうぞ

最後に

東京にいながらにしてフェルメール作品が8点も見れる今回の『フェルメール展』。

中でも注目は日本初公開となる「ワイングラス」と「赤い帽子の娘」でしょう。

またそれらと一堂に会することが出来る「フェルメール・ルーム」は奇跡としか言いようがなく、間違いなく言葉を失う事でしょう。

現時点ではそれ程チケットの売り切れもなく一部では高いのではとの声もありますが、今後間違いなく売り切れが増えてくるであろうことが予想されています。

開催期間は長いため余裕をもって、早めの申し込みをおすすめします。

 

Sponsored Links

-イベント, 芸能・エンタメ