おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 ホークス

脳震盪特例措置(野球)とは|柳田悠岐救急搬送・登録抹消の理由と復帰時期

脳震盪特例措置 柳田

16日に行われた西武戦での試合前練習ウォーミングアップ中に、西武の栗山選手の打球が頭部に直撃

その後、救急搬送され所沢市内の病院で「左側頭部の打撲」と診断されています。

そして、本日脳震盪特例措置を適用され出場選手登録を抹消されています。

本記事については、脳震盪特例措置についてご紹介すると共に、代わって昇格を果たした塚田正義選手についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

脳震盪特例措置とは

脳震盪特例措置

脳震盪特例措置は2016年から運用を開始されています。

頭部死球など、グラウンド内のけがで脳振とうの可能性があると判断されれば、NPBが作成したガイドラインに従って段階的に練習の強度を上げてから復帰することが必要となります。

NPBによって定められた競技復帰までは6段階のステージが設置されており、1段階目は「絶対安静」となっています。

その後段階を踏み、問題なくプログラムを消化することが出来れば最短7日での1軍復帰が可能となっています。

また、この制度での抹消期間中はフリーエージェント(FA)資格日数にカウントされます。

ちなみに、脳震盪特例措置施行後適用第一号になったのは、施行翌日に東京ヤクルトスワローズの今浪隆博選手が守備中に味方選手と交錯し、顔面を強打して脳震盪の疑いがあると診断されたことから適用。

6月18日に登録抹消特例が適用され、6月24日に1軍に再登録され復帰を果たしています。

柳田悠岐の復帰時期について

17日に出場選手登録を抹消された柳田選手。チームと共にメットライフドームに来たものの練習には参加せず、この日は包帯で氷嚢を頭部に巻き付けて治療に務めています。

その後心配して駆けつけた西武栗山選手とすれ違ってしまった為、「大丈夫と伝えてください」とスタッフに言伝しています。

上記の事から、実際に何の問題もなければ1軍再登録の最短は9月24日前後になると見込まれています。

Sponsored Links

1軍昇格の塚田正義選手について

塚田

  • 22試合、打率.278、3本塁打、6打点

今季1軍出場は22試合に留まってはいるものの、比較的安定した成績を残してきている塚田選手。

層の厚いソフトバンク故に、現在まで2軍に甘んじています。

2軍では75試合、打率.286、7本塁打、34打点、3盗塁

7本塁打はファームでは釜本選手と並びトップの本塁打数となっており、規定到達選手の中でも川瀬選手、釜本選手に次ぐチーム3位の打率であり好調を維持していると言っても良いでしょう。

今回の昇格は突然の事であり、柳田選手の復帰後は抹消の可能性も非常に高くはありますが、逆転Vを狙うためにも活躍が期待されます。

最後に

柳田選手がとりあえず大事なさそうで本当に良かったですよね…

とは言え、特例措置中の為万一の場合あるかもしれませんし、今は本当に無事を祈るのみです…

逆転Vに向けて大事な試合が続く中での柳田選手の離脱は非常に痛いですが、柳田選手の復帰までに更に追い上げムードを加速させたい所ですよね…

いい雰囲気のまま柳田選手が復帰出来れば、逆転Vも夢ではないでしょう!

そして、塚田選手にとってはシーズン非常に大事な場面でアピールする最大のチャンスが訪れたと言っても過言ではないでしょう。

その時が来たらしっかりと結果を残してほしいですね!

 

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, ホークス