おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ ロッテ

千葉ロッテマリーンズ2018スタメンオーダー予想|開幕戦発表や投手ローテ

千葉ロッテ スタメン 補強

2017シーズンはあまりに残念な結果となった千葉ロッテマリーンズ。

本記事では、2018年シーズン・井口新監督の元飛躍を誓う千葉ロッテのスタメンオーダー予想や開幕投手・ローテについても予想ご紹介していきます!

Sponsored Links

千葉ロッテマリーンズ2018のスタメンオーダーを大胆予想!

千葉 ロッテ スタメン予想

  1. 加藤翔平 (右)
  2. 荻野貴司(中)
  3. 角中勝也(左)
  4. ペーニャ(DH)
  5. マット・ドミンゲス(一)
  6. 中村奨吾(二)
  7. 鈴木大地(三)
  8. 田村龍弘(捕)
  9. 藤岡裕大(遊)

上位打線は特筆すべきところはなく順当な感じだと思われます。一つ希望があるとすれば清田選手の存在です。ここ2シーズンは苦いシーズンとなっており、本来の能力を発揮出来ぬままシーズンを終えています。まだまだ31歳と老け込むには早いため、もう一度奮起してもらえると更に外野層に厚みが増すでしょう!

中軸に関しては角中選手・ペーニャ選手は現在のロッテにとっては外すことが出来ないでしょう。5番には新外国人のドミンゲス選手を据えました。メジャー通算42本塁打、マイナーでは111本塁打を記録している大砲の実力如何では4番候補としても期待されます。

下位打線については、頭角を現してきた中村選手を6番に据え、7番に昨年唯一のシーズンを戦い抜いたパンチ力もあり走攻守期待できる鈴木選手を据えました。

そして、最後に今季ドラフト2位で加入した藤岡裕大選手。順当な予想だとやはりここには未来有望な平沢選手が座りそうですが、昨年の成績だとまだ不安が残ります。そこで即戦力として期待され入団した、打力もあり内外野守れるユーティリティープレイヤーの藤岡選手に期待して開幕スタメンを予想!

Sponsored Links

開幕投手と開幕ローテーション予想!

千葉ロッテ

今季まで3年連続で開幕投手を務めてきた涌井投手は移籍が濃厚です…。しかしもしも残留となれば、今季までの実績的に涌井投手の開幕投手は濃厚です。

ここからは涌井投手の移籍が決まったとして、話は進みますが井口監督は来季の開幕投手について未だ決めかねています。その理由としては、「先発ピッチャーがみんな開幕投手をやらせてほしいと言ってきました。(あまり積極的な性格ではない)石川まで」。と語っています。

実際2017年の先発陣の成績は比較的団子状態です。エース格の石川投手も防御率5.09と苦いシーズンを過ごしました。

とはいえ実績などを兼ねると自ずと開幕投手は絞られ石川歩・唐川侑己・二木康太ら三投手の可能性が非常に高いでしょう。

それでは、開幕投手とローテを予想!

  • 1番手:石川歩
  • 2番手:二木康太
  • 3番手:ボルシンガー
  • 4番手:唐川侑己
  • 5番手:酒居知史
  • 6番手:オルモス

開幕投手ややはり2017年の成績が団子状態な事を考え、実績から石川投手。

2番手二木は昨年涌井投手に次ぐ23試合に登板し、防御率に関してはチームトップ。しかし、実績や経験不足といったことから2番手としました。

裏ローテにはこちらも実績十分の唐川投手を据え、2017年結果を残した未来有望な酒居投手は5番手としました。

新外国人をここでは3番6番手に据えましたが、個人的には佐々木投手やスタンリッジ投手、チェン投手辺りにも奮起してもらうと更に層は厚みを増しそうですね。

関連リンク

最後に

昨年は不本意なシーズンとなった千葉ロッテマリーンズ。

最下位となったのは2011年から約6年ぶりでした。ロッテの順位は近年いっても3位どまりで2位になったのは2007年と11年前。中々結果を出せずにいます。

CSには進出してるもののやはりシーズン優勝は別格です。6位からどれだけ躍進できるかは未知数ですが、6位より下がりようは無いため後は上がるのみ!!どこまで躍進できるか見物ですね!

Sponsored Links

-スポーツ, ロッテ