おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 楽天

楽天の次期新監督予想!梨田昌孝監督辞任理由|臨時後任平石洋介ヘッドに歴代監督も紹介!

2018/10/05

梨田監督

10月5日追記!

楽天は5日、平石洋介監督代行が、来季から監督に昇格すると発表しました。

平石代行が監督に昇格する事で、2005年の球団創設以来初となる生え抜き監督の誕生となります。

楽天イーグルスの梨田監督がシーズン途中ながら辞任しました。

理由は非常にシンプルな成績不振による辞任となります。

「借金12で交流戦に入って、なんとか巻き返してと話していたが、借金20になってしまった」

と決断に至った経緯を話した梨田監督。

本記事では、もう一度辞任の決断に至った経緯や監督代行を務めることになった平石洋介ヘッド兼打撃コーチ(38)について、そして来季の新監督についても予想ご紹介していきます。

Sponsored Links

梨田監督の辞任理由と平石洋介監督代行について

梨田監督2

梨田監督は上述のように、この時期での借金20を抱えてしまった責任を取って監督を辞任しました。

16日の阪神戦後に球団に辞意を申し入れ、それを受諾した形となっています。球団は梨田監督を慰留しましたが、それを固辞しています。

打線が点を取れない。つながりが悪かった。松井、福山の調子も悪かった。先発投手はそれなりに形はできたが。エラーや四球が絡んでの失点が多かった。

(今後について)故障者もいるが、いる者でやっていくしかない。しっかり戦っていってほしい。選手、スタッフ、コーチ陣にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

借金20を抱えてしまった経緯について語る梨田監督。今後についてもコメントを残しています。

平石洋介監督代行について

  • 本名:平石洋介(ひらいしようすけ)
  • 出身地:大分県杵築市
  • 生年月日:1980年4月23日
  • 年齢:38歳
  • 身長:175 cm
  • 体重:75 kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:外野手、一塁手
  • プロ入り:2004年 ドラフト7巡目
  • 初出場:2005年3月27日
  • 最終出場:2011年7月16日
  • 選手歴:PL学園高等学校 / 同志社大学 / トヨタ自動車 / 東北楽天ゴールデンイーグルス (2005 - 2011)
  • 監督・コーチ歴:東北楽天ゴールデンイーグルス (2012 - )
  • 通算選手成績:122試合、打率.215、1本塁打10打点、4盗塁

選手時代はそれほど華やかな成績は残せず、選手生活6年で戦力外通告を受け引退しています。

引退後は2011年から育成コーチに就任し、球団初の生え抜き選手出身のコーチとなりました。

その後もコーチとしてチームを支え異動や兼務を果たし、2015年10月12日にに2軍監督に就任。球団生え抜きの監督就任は1軍2軍通して初。

そして、今回梨田監督が辞任したため6月17日から監督代行を務めることになりました。

楽天の生え抜き選手としては初の監督代行で、38歳での就任も球団最年少となっています。

Sponsored Links

次期監督候補と予想&歴代監督紹介

平石洋介 楽天

  • 平石洋介
  • 池山隆寛
  • 嶋基宏
  • 山崎武司
  • 中畑清
  • 古田敦也
  • 桑田真澄
  • 立浪和義
  • 落合博満

上記はここまで楽天の監督就任の噂になったことがある新監督候補の面々です。

やはり、本命はやはり平石洋介監督代行でしょう。

就任となれば楽天生え抜き選手からは初となり、記録尽くしとなります。ここから少しでも好成績や来季へ繋げられる明るい要素を見つけることが出来たなら来季監督就任は濃厚でしょう。

内部昇格組では嶋選手の兼任監督もファンの中では根強い支持を受けていますが、これ以上嶋選手への責務が重くなるとプレーにも影響が出てきてもおかしくはありません。まだ、年齢も33歳と若い為兼任監督就任の確率は低いでしょう。

楽天オーナの三木谷氏は有名人や話題性のある監督起用の傾向もあり、そういった経緯を考えると桑田真澄さんや落合博満さんなどの起用の可能性もあると言えます。

しかし、現時点ではやはり平石洋介監督代行が一歩リードで、今後も悲惨な展開がシーズン終了まで続くことが無ければ平石監督代行の監督就任が濃厚と予想します。

歴代監督

年度 監督 順位 試合 勝利 敗戦 引分
2005 田尾安志 6 136 38 97 1
2006
野村克也
6 136 47 85 4
2007 4 144 67 75 2
2008 5 144 65 76 3
2009 2 144 77 66 1
2010 M.ブラウン 6 144 62 79 3
2011
星野仙一
5 144 66 71 7
2012 4 144 67 67 10
2013 1 144 82 59 3
2014 6 144 64 80 0
2015 大久保博元 6 143 57 83 3
2016
梨田昌孝
5 143 62 78 3
2017 3 143 77 63 3

最後に

まさかシーズン途中での辞任となるとは予想していませんでした…

既にファンからは今季のふがいない成績に憤りを感じ、来季の新監督起用についての話題が非常に多く上がっていました。

しかし、シーズン途中で投げ出す形での辞任に一部ファンは納得がいかない声も挙がっています…

昨年のロッテ伊藤監督は成績不振を理由にシーズン限りの退任を表明しました。

「性格的に途中で投げ出すのはいやなので。休養して代行という形で誰が指揮を執ったか分からないけれど、迷惑をかけることもある。責任かぶるのは自分一人でいい。何があっても最後まで務めさせてもらう。そこは球団としては最後までお願いしますということは言われた」

その際にこういったコメントを残しています。

今回の梨田監督のシーズン途中での辞任。賛否両論ありますが、梨田監督は借金20を抱えてしまったのが『この時期』だからこそシーズン途中ながら辞任を選択したのかもしれません。

今回の辞任劇。非常に賛否両論分かれてしまいましたが、少なくとも関係した全ての人がチームの事を第一に考えての選択のはずです。

まだまだ試合は残っています。今後どれだけチームが挽回できるか注目です。

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 楽天