おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

WBC スポーツ

WBC2017!プエルトリコ先発ルーゴの球速変化球や特徴!所属と成績年俸

wbc プエルトリコ ルーゴ

我らが侍ジャパンはアメリカとの死闘の末2-1で敗退。侍ジャパンの投手陣は健闘しましたが、打撃陣の得点は広島・菊池の本塁打一発のみ…

広島・菊池や、SB・松田のエラーやファンブルなどからの2失点…今まで守備でも健闘してきただけに悔やまれます…悔いが残る試合になったかもしれませんが、とても良い試合でした!感動をありがとう侍ジャパン!

さぁ!WBCも残るは決勝一試合!決勝戦はアメリカ対プエルトリコ!本記事では、プエルトリコの先発セス・ルーゴ投手に関してご紹介します!

Sponsored Links

セス・ルーゴについて!成績や年俸も!

WBC プエルトリコ ルーゴ

  • ジェイコブ・セス・ルーゴ
  • 出身地:ルイジアナ州シュリーブポート
  • 生年月日:1989年11月17日(27歳)
  • 身長:6' 4" =約193 cm
  • 体重:225 lb =約102.1 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2011年 MLBドラフト34巡目(全体1032位)でニューヨーク・メッツから指名
  • 初出場:2016年7月1日
  • 経歴:パークウェイ高等学校(英語版)/センテナリー・カレッジ・オブ・ルイジアナ(英語版)/ニューヨーク・メッツ (2016 - )
  • 2016年年俸:$507,500
  • 2016年成績:17試合(8先発)、5勝2敗、防御率2.67、WHIP1.09

メジャーに初昇格したのはなんと2016年!リリーフ起用でした!

8月19日以降には先発ローテ入りし、25日に行われたカージナルス戦で先発5回無失点で初勝利を上げました!そこからは怒涛の5連勝!

昨年メジャーデビューしたばかりの右腕ですが、実力は折り紙付き!

WBCでも1次ラウンド初戦のベネズエラ戦を含め2試合に先発登板2勝を挙げています!

Sponsored Links

セス・ルーゴ投手の球速変化球や特徴!

wbc プエルトリコ ルーゴ3

スリークォーターから放たれる直球は最速約155.8 km(平均約148 km)!更にツーシームとフォーシームを投げ分けます!

変化球は、平均約138 kmのスライダーや平均約126 kmのカーブ、平均約137 kmのチェンジアップなど多彩な球種を投じます!

その中でも決め球のカーブの回転量はメジャーでもトップクラスであり、2016年の最高回転速度は3,498rpm、平均3,337rpm!

昨シーズンの奪三振は投球回64回に対して45奪三振、与四球は21と少なくコントロールも比較的よく三振も要所で狙えるでしょう!

最後に

個人的には侍ジャパンに勝利したアメリカに優勝してほしいですよね!そうすれば、日本代表チームの株も上がるってものです!

アメリカはホームのドジャースタジアムでの試合ですし、前回は負けを喫したプエルトリコですが今回は有利に試合を運べるでしょう。

侍ジャパンの夢は潰えてしまいましたが、WBC最後まで楽しみましょ~♪次回大会は絶対に世界一を奪還するぞ~!!

Sponsored Links

-WBC, スポーツ