おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

オリックス スポーツ プロ野球

オリックス来季2019新監督候補予想|福良監督無能采配影響辞めろの声解任決定的に…

2018/10/05

オリックス 福良監督2

10月5日追記!

オリックス来季新監督について西村徳文ヘッドコーチが監督に内部昇格することが明らかになりました。

湊球団社長によると「中長期の視野を持って考えている。福良監督のやってきたことを引き継いでもらえる人」という監督像の元西村ヘッドへの就任要請となっています。

9月25日追記!

福良淳一監督が9月25日今季限りで辞任する意向を表明しました。球団は9月に入ってから来季の続投を要請していましたが、チームの成績不振を理由にこれを固辞しています。

「勝負の世界だから。選手も真剣にやっている。ファンも真剣に応援してくれている。これで来年もやりますと言うわけにはいかない」

31日に京セラドームで行われたオリックス―西武戦に0‐1で敗れたオリックスバファローズ。

この敗戦で、自力でのCS進出の可能性が消滅、残り25試合で3位日ハムとのゲーム差は8となっており、CS進出は危機的状況となっています。

オリックスバファローズ監督の福良監督の続投目安は当初から3位以内と見られており、今季限りでの退任が濃厚視されています。

本記事では、福良監督についてや今後について、また解任となった際の次期監督候補についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

福良監督退任の可能性と今後について…

オリックス 福良監督1

  • 監督通算成績(17年時点):375試合、162勝208敗5分
  • 今季成績:118試合時点、53勝60敗5分

現役引退後1998年にオリックスの二軍打撃兼内野守備走塁コーチに就任し、1999年に二軍守備走塁コーチ、2000年にスカウトへ転身。

その後日ハムのコーチに就任し、2013年からオリックスで1軍ヘッドコーチを務めていました。

2015年最下位に低迷しているオリックスを率いていた森脇浩司監督が休養に入ると、一軍監督代行としてシーズン終了まで指揮を執っています。

その後、梶本隆夫氏以来およそ35年ぶりとなった球団生え抜きとなる一軍監督への昇格を果たしています。

監督就任後も2年連続Bクラス(2016:6位、2017:4位)に低迷しており、単年契約を結んだ昨年末には覚悟を決めて臨むことを明言しています。

「この世界は結果が求められるから。出なかったらね」

今季はエース格の金子投手や西投手が不振に喘ぎ結果を残せていない上に、主砲T‐岡田の右わき腹痛の影響や助っ人の不振などで苦しむ打線に効果的な采配を振るうことが出来ませんでした。

前半戦を39勝37敗4分けの3位で、14年以来の貯金で折り返したものの後半戦失速。ゲーム差はついには3位日ハムと8ゲーム差にまで広がり、自力でのCS進出も消滅しています。

単年契約である事や、就任以降1度もAクラス入りが果たせていない事から退任は決定的と見られます。

しかし、CS進出の望みは完全に途絶えているわけでは無いため、今後の土俵際の粘りでCS進出が叶えば来季続投の可能性は0ではないでしょう。

Sponsored Links

オリックスバファローズ次期監督候補と予想

オリックス 田口 二軍監督 

田口壮

現役引退後は野球解説者として活動していた田口氏。

2016年に2軍監督を就任するも最下位に終わっており、自身のシーズン中の7月に脳梗塞寸前の体調不良で一時休養しています。

昨年4位でシーズンを終えた田口2軍監督、今季もここまで101試合、37勝52敗12分で4位と苦しんでいます。

中々結果を残せず苦しんでいるものの、田口2軍監督内部昇格が本命と見られています。

個人的にはまだ若い田口2軍監督には、もう少し現場での経験を積んでから1軍監督就任が望ましいと思っています…

オリックス 中畑

中畑清

絶好調男中畑清氏。

  • 監督通算成績:575試合、239勝319敗17分

Aクラス入りの経験もなく監督通算成績も好成績ではないものの、現在のDeNAの下地を作り人気もある中畑氏は田口2軍監督の対抗と見られています。

2011年にDeNA監督に就任し、自身の話題性でチームの人気も底上げ。現在のDeNAの中心選手筒香選手や山崎投手などは中畑氏が見出したと言っても過言ではないでしょう。

オリックス 伊東2

伊東勤

西武ライオンズや千葉ロッテマリーンズの監督を務めてきた伊東氏。

  • 監督通算:1266試合、626勝625敗15分

西武・ロッテ時代を合算した監督通算成績は素晴らしく、Aクラス6回、Bクラス3回を記録しています。

中でもロッテ時代は2年連続Bクラスと低迷していたチームを立て直し、就任していた5年間でBクラスは2度のみとなっています。

当時は補強を訴えても進展を果たせず、現有戦力のみでAクラス入りを3度果たしており采配に長けていると言えます。

また、男気もありロッテ最終年にシーズン途中でチームの低迷を理由に辞任を表明するも、監督代行は立てず、シーズン終了まで指揮し続けました。

監督能力も非常に高いため一部ファンの中では就任を期待している声が多く聞こえます。

田口2軍監督や中畑氏の就任の可能性に比べると可能性は低いものの、能力の高さもあり就任の可能性はあると言えます。

最後に

どうしてもこの時期になると、結果を残せていない監督への風当たりも強くなってしまいますよね…

とはいえ、福良監督はここまでAクラス入りを一度も果たせていない為、退任はやむを得ない状況とも言えます。

個人的にはやはり伊東監督が就任したら非常に楽しくなりそうと感じています。

オリックスは資金力もあり、補強を訴えれば比較的戦力は整えられることもあり、伊東監督の元チーム力の底上げは間違いないと言えます。

また、中畑氏が就任すればチームだけでなくプロ野球界全体がやはり盛り上がる為中畑氏の就任も面白そうですよね。

とはいえ、現在のオリックスもまだCS進出の芽が完全に消えたわけではありません。勿論福良監督の今後もそうです。

来季より良い成績を残すためにも、現在が一番大事ですよね。

土俵際の粘りを見せることが出来るか…

 

Sponsored Links

-オリックス, スポーツ, プロ野球