おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球

大谷翔平右肘の怪我最新情報!原因と復帰時期は?トミージョン手術の可能性も…

2018/06/29

大谷 怪我

6月29日追記!

大谷選手はが靱帯を再建するトミー・ジョン手術を回避し、打撃練習を再開すると発表しました。これで一先ず最悪の長期離脱からは免れたと言えます。

打撃練習の許可も出ており、打者としては早ければ7月17日に行われるオールスター前の打者復帰の可能性も出てきています。

投手としては3週間後の再検査の結果によって判断する見込み。

6月24日追記!

大谷選手の運命の再検査の日が決定ました。再検査は28日に行われ、結果次第ではトミージョン手術に踏み切らなければいけない可能性も浮上します。

ちなみに、現在の大谷投手はというと、23日に故障後としては初のチーム練習中にグラウンドに姿を現し、大谷選手自らの希望もありブルペンで投手の球で目を慣らしています。

このことについてソーシア監督は、打席に立っていない影響で球に目がついて行かなくなってしまうのを防ぐため、打てるようになった時の準備と語っています。

目覚ましい活躍を続けていたエンゼルスの大谷翔平投手(23)が、右肘靱帯の損傷でメジャー移籍後初となる10日間の故障者リスト(DL)入りとなりました。

今後の状態次第では今季中の復帰も絶望視されています…

本記事では、今回の怪我についてや原因と復帰時期、またトミージョン手術の可能性についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

右肘内側側副靱帯部分断裂と原因にについて

大谷翔平 右肘

右肘内側側副靱帯の損傷とは捻挫や脱臼などで生じる急性外傷によるものと、今回の投球傷害などの慢性障害としての靱帯損傷が存在しています。

大谷投手は勿論後者で、投球動作などにより繰り返される肘への外反ストレスが原因による靱帯損傷と言えます。

今回判明した経緯は、6日の本拠地ロイヤルズ戦で先発した際、右手中指にマメができたため、4回63球で緊急降板。

その後マメの処置を終えた際に肘の違和感を訴え、7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診察を受け、右肘内側側副靱帯損傷と診断されました。

また入団当時グレード1の右肘靱帯損傷が見つかっていた大谷投手ですが、今回の検査で内側側副靱帯にグレード2の損傷が見つかったと報じられています。

※グレードは1~3まであり、数字が増すごとに深刻度が増します。

Sponsored Links

治療法について

大谷 怪我 復帰

治療法は大きく分けて2つあります。

  • PRP注射による再生療法
  • 損傷部分を切除して他の部位から腱を移植する靱帯再建手術(トミー・ジョン(tJ)手術)

一般的にはトミー・ジョン手術が有名ではありますが、復帰まで約1年を要する事から、早期復帰の可能性のあるPRP療法を選択するケースも増えています。

ちなみに右肘内側側副靱帯部分断裂は、過去にヤンキースの田中将大投手や、当時レンジャーズに在籍していたダルビッシュ有投手が同じ故障にあっています。

両投手は同じ故障でありながらとった治療法が異なっており、田中投手はメスを入れずに多血小板血漿(PRP)注射を受け全治6週間と診断されました。

しかし、復帰までには2カ月半を要しています。

ダルビッシュ投手はトミージョン手術を受け、メジャーのマウンドに戻るのに1年2カ月を要しています。

大谷投手は昨年10月に田中投手と同じPRP注射による再生療法を受けています。

TJ手術の可能性と復帰時期・今後について

大谷翔平 故障 肘

今回大谷投手は診察の結果を受け、PRP多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受けています。

その際にトミー・ジョン手術は勧められておらず、GMも「今季ここまでの活躍を見れば、PRP注射に効果があることは分かるはず」と現時点ではトミー・ジョン手術の可能性を否定しています。

今後に関してGMは、「(野手としての出場の可能性について)彼が指名打者だけの選手ならともかく、そうではない。そのように起用したいとは思わない」と否定的な見解を示し、今後3週間ノースローでの調整をとる予定です。

そして、3週間以内に再検査を行い今後の治療方針を決める見込みですが、今後の経過次第で最悪の場合靱帯を再建するトミー・ジョン手術を受ける可能性もあるでしょう。

そうなると今季は絶望復帰は来季となりそうです。

最短での復帰は1カ月を見込まれていますが、今後の経過次第ではPRP療法であったとしても復帰まで2カ月前後を要する可能性もあります。

最後に

損傷レベルはグレード2。完全断裂となる「グレード3」ではなかったのが、不幸中の幸いと言えますね…

とは言え、長期離脱は必至で大谷投手にとっても、チームにとっても大谷投手ファンにとっても非常に辛い日々が続きそうです…

オールスター出場も絶望的で本当に残念でなりません…

今は再生療法がうまくいくことを祈るのみ…

大谷投手の復帰を待っています!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球