おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 日ハム

日本ハムファイターズ2017!大田泰示遂に覚醒!現在の成績や現状調子は!

日ハム 太田 覚醒2

昨日のロッテ対日ハムの対戦はロッテにとっては悪夢の試合になったでしょうね…

1試合7本塁打の猛攻を受け15失点。涌井投手に至ってはパリーグワースト新記録の6本塁打被弾と不名誉な記録を達成してしまいました。

伊藤監督も「記憶にないほどの屈辱的な負け方だ。どうしても投手が我慢できない状態。なんとかしないと…。フリーバッティングを見ているようだった」と顔を真っ赤にして評しており、6被弾を含む自己ワーストの10失点を喫した涌井投手は、「ホームランが出やすい球場ということを意識しすぎた。全部僕の投げミス」と語るにとどめました。

対する日ハムはホクホク顔!その中でも先制となるソロ本塁打を放つなど大活躍した大田泰示について本記事では、ご紹介します!

Sponsored Links

大田泰示とは!成績や年俸、背番号を添えて…

日ハム 太田 覚醒

  • 本名:大田 泰示(おおた たいし)
  • 出身地:広島県三次市
  • 生年月日:1990年6月9日
  • 年齢:26歳
  • 身長:188 cm
  • 体重:95 kg
  • 背番号:33
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:外野手、一塁手、三塁手
  • プロ入り:2008年 ドラフト1位
  • 初出場:2009年6月21日
  • 年俸:2,100万円(2017年)
  • 経歴:東海大学付属相模高等学校/読売ジャイアンツ (2009 - 2016)/北海道日本ハムファイターズ (2017 - )
  • 2016成績:62試合、打率.202、4本塁打、13打点
  • 通算(8年):225試合、打率.229、9本塁打、40打点、11盗塁

プロ入り前から、高校通算本塁打65本(うち満塁本塁打5本)推定140メートル弾を放つ規格外のパワーや、投手ならMAX147 kmの肩の強さ、ヤンキースの伝説の遊撃手デレク・ジーターを彷彿とさせる大型遊撃手であることなどからプロ入り前から注目の的でした!

巨人入団も契約金1億円、年俸1200万円で仮契約。しかも、背番号は松井秀喜のメジャーリーグ移籍以来「準永久欠番扱い」となっていた「55」に決まり、更には選手寮の中でも出世部屋と名高い松井選手や坂本選手が使用していた部屋に入居するなどとんでもない厚遇を受けました。

2009年の入団一年目も新人ながら異例の原監督から直接打撃指導を受けるなど期待され、二軍で3番三塁として出場。6月17日に初の一軍昇格を受け、21日にはロッテ戦で代打として初打席に立ちましたが三級空振り三振で倒れます。以降は二軍で4番三塁でスタメン。ファームで101試合に出場し、打率.238、17本塁打、56打点、16盗塁の成績。

その後も1軍での結果こそ残せないものの2軍では一定の成績を残します。2011年には、ファームで最多三振を喫し本塁打も6と大きく減らし、春季キャンプにおいて打撃に専念するため外野手へのコンバートがされました。

2012・2013年と二年連続で開幕一軍入りするも結局どちらもすぐに抹消…ファームでは4年連続の三振王…11月26日には背番号「55」をはく奪。44に変更されました。また、「55を返せ・付けるな」と言われたことがあるとも告白しています。

2014年以降は、一軍への試合出場が少しずつ増えリーグ優勝翌日の9月27日にはプロ入り後初めて4番で先発出場、巨人軍81代目平成生まれとしては初の4番打者に!

2015年2016年も着実に一軍への出場試合を増やしましたが、本塁打の減少などいまいち物足りなさを感じずにはいられない成績でした。

そして、2016年11月2日、吉川光夫・石川慎吾との交換トレードにより公文克彦と共に北海道日本ハムファイターズへ電撃移籍。背番号は『33』に!

今季は怪我の影響もあり開幕こそ出遅れましたが、4月23日に一軍昇格を果たすと4月29日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、美馬学から移籍後初の本塁打を放ち、5月3日の千葉ロッテマリーンズ戦では、益田直也からプロ初のサヨナラタイムリーを放つなど憑き物が落ちたように大活躍中!

現在の成績は、14試合、50打数、11安打、打率.220、3本塁打、7打点、11三振、OPS.718

Sponsored Links

大田泰示は覚醒した!?現在の調子は?

日ハム 大田泰示 覚醒2

開幕出遅れもあり、現在の34試合を終えて14試合にしか出場が叶っていない大田選手ですが既に打点はチーム5位タイの7打点、本塁打もチーム2位タイの3本塁打と打率こそまだ低いものの(チーム打率.233)素晴らしい数値を見せています。

近年の低評価の理由持ち味の本塁打の低下についても今季既に3本。54打席で3本は年33本ペースです!これは現在阿部選手(年29本ペース)や、マギー選手(27本ペース)、坂本選手(26本ペース)を上回る数値です!

更に現在11三振と多いとはいえ三振が減っているのも高評価!

今までも年に数度覚醒か?見たいなことは多々ありましたが、個人的には今回の活躍は今までと大分毛色が違う気がします!巨人でのえげつないプレッシャーから放たれ、北海道と言う広大な大地でのびのびとプレー出来ている結果だと予想!

昨日は自身初の2本塁打と調子は絶好調!このままの調子であれば打率も自ずと伸びてくるはず…!

最後に

今までの異常なプレッシャーや注目度から放たれたおかげなのか分かりませんが、現在の日ハムにとって間違いなくなくてはならない選手の一人でしょう!

チームが低迷している今、大田選手が2軍落ちする理由が見つかりません。一軍で出場することは間違いなく大田選手の実力や自信につながるでしょうし、一皮むけるのに絶好のチャンスです!

眠れる獅子が北海道の地でとうとう目覚めたかもしれません!ほぼ!ほぼ!!覚醒したと言っていい、大田選手!今後の活躍にも期待!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 日ハム