おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

ストーブリーグ2018 スポーツ プロ野球 日ハム

日本ハムファイターズ大野奨太手術終了!術後経過と復帰時期開幕は?最新情報

日ハム 大野 手術

今季FA移籍が濃厚視されている日ハム大野奨太選手。その大野選手が16日に札幌市内の病院で内視鏡による「右肘関節内遊離体除去術」を受け、無事終了した事を各スポーツ紙が報じました。

本記事では、その大野選手について手術内容や復帰時期などについて紹介します。

Sponsored Links

「右肘関節内遊離体除去術」とは…

図56

関節内遊離体とは「関節ねずみ」と呼ばれており、この遊離体が関節内を移動する時に、何かの拍子に関節内でひっかかり嵌頓(かんとん)して疼痛を引き起こします。

野球選手であれば、投球時の痛みと引っかかり感、肘の屈伸障害などを引き起こします。上記の図は除去前と除去後のレントゲンになります。

大野選手の復帰時期について

大野 日ハム 手術 経過1

大野選手は今後数日間は入院。その後リハビリを開始し、患部の状態を見ながら鎌ケ谷の球団施設に移りリハビリ+練習を開始する予定となっています。

術後2カ月後をめどにスローイングが解禁され、3カ月後にはプレー制限は解かれ、制限なくプレーできる見通しです。

よって、来春のキャンプまでには十分復帰は間に合う見込みです。

Sponsored Links

FAへの影響は…

大野 手術 日ハム 経過

怪我や手術など影響は多少なれどありそうですが、手術は滞りなく成功しており来季への見通しも現在は良好です。

既に中日を筆頭に獲得調査に動いている球団があり、FA宣言されれば即座に動けるような状態のチームがある現状、FA権を行使したのなら当初から調査に乗り出していた球団は獲得に動くと予想できます。

よって手術の影響は間違いなく微々たるものと言えます。

関連リンク

最後に

大野選手は現在まで9年間でまで100試合以上出場できた年が、2014年と2016年しかありません。今季も83試合の出場に留まっており、怪我やスタミナ面などが多少不安視されています。

今回の手術で来季は怪我なくシーズンを通して戦えることが出来れば、日本代表経験のある国際経験豊かなキャッチャーの力は非常に頼もしいものになること間違いなし!

来春キャンプには間に合う見込みですので、しっかりと休養し来季の飛躍を楽しみにしています!そして、今後のFA権の行使についてや動向についても注視ですね♪

Sponsored Links

-ストーブリーグ2018, スポーツ, プロ野球, 日ハム