おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

オリックス プロ野球 日ハム 阪神

日本ハムファイターズ中田翔FA権行使阪神かオリックス入り?興味を示す球団

2017/11/14

中田翔 日ハム FA

11月14日追記!

中田選手は国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することが13日分かりました。

「球団から“必要としている”という言葉をいただいているし、他にもいろいろな話ができた。その中で最終的に決めたことなので後悔はない。もう気持ちは決まっているし、この期間いろいろなことを考えさせてもらった。もちろん家族と相談しながら決めた」

今季推定年俸2億8000万円の中田選手ですが、8000万円の減額で推定2億での更改となった模様です。

 

日本代表でも主砲を務め、今季不振ながらも奮闘する日ハムの4番・中田翔選手がとうとうFA権を取得しました!

数少ない日本が誇る和製大砲に買い手がつくのか注目されています。

本記事では、今季苦戦している中田翔選手について簡単にご紹介すると共に、FA権についてのコメントや興味を示す球団などについてもご紹介します。

Sponsored Links

中田翔とは|成績や年俸、背番号・ランクを添えて…

中田 日ハム FA

  • 本名:中田 翔(なかた しょう)
  • 出身地:広島県広島市中区
  • 生年月日:1989年4月22日
  • 年齢:28歳
  • 身長:183 cm
  • 体重:104 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:一塁手、左翼手
  • プロ入り:2007年 高校生ドラフト1巡目
  • 背番号:6
  • FAランク:A
  • 初出場:2009年5月23日
  • 年俸:2億8,000万円+出来高(2017年)
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校 / 北海道日本ハムファイターズ (2008 - )
  • 16成績:141試合、打率.250、25本塁打、110打点、2盗塁、OPS.738
  • 通算(8年):910試合、打率.257、161本塁打、576打点、13盗塁、OPS.771
  • 今季17成績:93試合、打率.211、14本塁打、53打点、OPS.686

幼少期は実家の近くの緒方孝市氏の家に押しかけてサインをもらうほどの広島カープファン。高校時代は平成の怪物と呼ばれ、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」の一角を担っていました。

北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団から1位指名を受け、抽選の結果日ハムに入団。卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約しました。

プロ入り後の活躍はご存知の通りで好不調の波はあるものの、和製大砲として2014年、2016年は打点王に輝く程の活躍を見せており、栗山政権後は、ほぼ4番に起用され続けています。

また守備力も高く肩力もある(高校時代に投手として最速151km)為、2010年からは4年間は左翼手としても起用されていました。しかし、2015年からは一塁手として年間通して出場しています。

またWBCには2度出場、プレミア12代表にも選出されており、一時期は4番にも座っていました。

そして、今季2017年8月17日にFA権取得!

中田翔FA権行使についてとコメント!

阪神 中田 2018 移籍

中田翔選手はFA権の取得についてシーズン中という事もあり「まだそのことを考える余裕はない」と語るに留めています。

また、熱心に中田翔の調査をしてきている阪神の四藤球団社長も「あっ、そう? きょう取ったの? ノーコメント」と語るのみ…

日ハムは残留に向けて交渉すると予想されていますが、今季の不振や高額年棒の問題によって、球団が積極的に放出に動く可能性も非常に高いです。今まで通りマネーゲームにも間違いなく参加しません。FA権を行使したのなら確実に他球団への移籍となります。

今季の中田選手の成績は規定打席到達者の中でも、ワーストとなる打率.211。更に持ち前の長打力も鳴りを潜めており、本塁打は未だ14本塁打。更に更に、得点圏打率も2割とクリーンナップとしてチャンスに弱い欠点も露呈しています。

これでは、年俸2億8000万の価値があるのか疑問視されている中田選手。自身の売り時を見定めるために、今季は行使を回避するのではないかとも噂されています。

Sponsored Links

中田翔の獲得に興味を示す球団は…

中田翔 FA

ここからは、中田選手がFA権を行使したと仮定した話です。中田翔選手はAランク選手ですので補償に「旧年俸の8割、あるいは5割プラス人的補償選手1人」が必要になります。おいそれと、獲得に動くとは考えにくいですが…

それでも、興味を示す球団はやはり少なからずあるでしょう。

現在調査や興味を示している球団はオリックス、巨人、ソフトバンク、最後に相思相愛とされている阪神。

しかし、実際現状のままの成績ですとやはり獲得に動くにはリスクが高すぎます。Aランクと言う補償問題や高年俸でも獲得するに足る成績を残せていないのは一目瞭然…

豊富な戦力を持っているソフトバンクや、素行問題で今季貧乏くじを引いてしまった巨人は獲得に難色を示すと予想。

FA権を行使したのなら、金満と言われるオリックスや相思相愛の阪神が獲得に動く程度だと予想します。また、やはり現状の成績から今季はFA権の行使を回避する可能性も非常に高いでしょう。

最後に

中田選手の阪神へのFA移籍は一時期既定路線とまで言われていましたが、今季の壮絶な不振から来季の所属先が不透明になってしまいましたね…

中田翔選手2012年の通算打率はリーグワースト3位の.239だったのですが、2013年には打率.305を記録しているんです!3割を超えたのは2013年のみ!

これはもしかしたら、今季壮絶な不振を極めたら来季また打率爆上げしちゃったりしちゃうかも!?と、超ポジティブな予想!

更に、パリーグに比べ小さめの球場の多いセリーグに移籍すれば本塁打も自ずと増える可能性もあります!今季阪神はロジャースが思いの外活躍してくれており、来季の契約もほぼ間違いなくでしょう。

ロジャースと中田…とても難しい問題です…ロジャースは推定年俸3300万円。26試合で、打率.250、4本塁打、18打点。中田選手は、推定年俸2億8,000万円+出来高。93試合で、打率.211、14本塁打、53打点。獲得すれば人的補償も怖いです…

どうする阪神!?どうする中田翔!!

Sponsored Links

-オリックス, プロ野球, 日ハム, 阪神