おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

ストーブリーグ2018‐2019 オリックス スポーツ プロ野球 西武

中島宏之(オリックス)自由契約で退団|西武?引退?移籍先予想と年俸推移も紹介

オリックス 中島 退団

オリックスバファローズ所属の中島宏之内野手が、代理人を通じて球団に対して退団を申し入れました。

今後中島選手は自由契約となり移籍先を探すことになります。

本記事では、中島選手についてご紹介すると共に、自由契約を選んだ理由や今季成績、年俸推移・移籍先についても併せてご紹介していきます。

Sponsored Links

中島宏之のプロフィール|成績や背番号・年俸も添えて…

オリックス 中島 退団2

  • 本名:中島 裕之(なかじま ひろゆき)
  • 出身地:兵庫県伊丹市
  • 生年月日:1982年7月31日
  • 年齢:36歳
  • 身長:180 cm
  • 体重:90 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:内野手
  • プロ入り:2000年 ドラフト5位
  • 初出場:2002年10月6日
  • 年俸:3億5,000万円(2018年)
  • 背番号:1
  • 経歴:兵庫県立伊丹北高等学校 / 西武ライオンズ / 埼玉西武ライオンズ (2001 - 2012) / オリックス・バファローズ (2015 - )
  • 国際大会:五輪(2008) / WBC(2009)
  • 通算成績:1639試合、打率.296、194本塁打、914打点、143盗塁
  • 2018成績:77試合、打率.289、5本塁打、34打点

2000年のドラフト会議で西武から内野手として5位指名を受け、契約金4000万円、年俸6000万円で入団

西武時代当時正遊撃手であった松井稼頭央選手が海外FA権を行使しメッツへ移籍すると、スタメンへ定着。

その後怪我などで度々離脱を繰り返すシーズンもありますが、西武の不動の遊撃手としてなくてはならない活躍をしています。

キャリアハイは、打率.331、22本塁打、100打点、25盗塁などを記録しており紛れもなく日本球界屈指の遊撃手でした。

メジャー志向が強く2012年に海外FA権を行使し、オークランド・アスレチックスと総額650万ドルの2年契約+出来高(3年目は年俸550万ドルの球団オプション)で契約しますが、中々結果が出ない中怪我をしてしまい故障者リスト入りして開幕を迎えました。

そして、その後もAAA級やAA級で奮闘するも結果実らず再度怪我で離脱。FAとなっています。

これによって、中島選手は海外移籍したもののMLB出場は叶うことなく日本球界に復帰しています。

NPB復帰が決まると古巣西武の他に阪神なども獲得へ動き争奪戦となったものの、オリックスへ入団。

オリックへ入団後も度々怪我はあったものの、2015年・2017年は100試合超出場しており、2016年は96試合出場しています。

今季は6月に肉離れで離脱した影響などもあり出場試合は77試合に留まっています。

現在の実力について…

36歳であり全盛期から比べると、走攻守全てにおいて衰えは隠せません。

とは言え、持前の勝負強いバッティングは健在で今季は西武戦で逆転サヨナラ3ランを放つなどの活躍をしています。

守備に関してはオリックス入団後遊撃での守備は5試合に留まっており、一三塁での守備が主となっています。

年俸推移と退団理由

2018年 3億5000万円 オリックス・バファローズ
2017年 3億5000万円 オリックス・バファローズ
2016年 3億5000万円 オリックス・バファローズ
2015年 3億5000万円 オリックス・バファローズ
2012年 2億8000万円 埼玉西武ライオンズ
2011年 2億8000万円 埼玉西武ライオンズ
2010年 2億5000万円 埼玉西武ライオンズ
2009年 2億1000万円 埼玉西武ライオンズ
2008年 1億1000万円 埼玉西武ライオンズ
2007年 7000万円 西武ライオンズ
2006年 4400万円 西武ライオンズ
2005年 3400万円 西武ライオンズ
2004年 1000万円 西武ライオンズ
2003年 600万円 西武ライオンズ
2002年 600万円 西武ライオンズ
2001年 600万円 西武ライオンズ

中島選手の退団理由は明確で、球団からは野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える推定1億円前後の提示を受け、自由契約か受け入れるかの選択となっていました。

中島選手はこれを受け入れず自由契約となり移籍先を探すことになります。

Sponsored Links

西武?阪神?移籍先予想と引退について…

オリックス 中島 退団 3

今後自由契約となり移籍先を探すことになる中島選手ですが、移籍先としてはやはり大本命として西武ライオンズが上がっています。

近年セルフ戦力外という言葉も聞きなれる程に、年俸交渉がこじれた選手が退団を選び引退や独立リーグからの再挑戦を余儀なくされています。

中島選手は事前に西武と話がついている為、退団を選んだのではないかとの見方が強くなっています。

個人的にも移籍するなやはり西武と予想。

阪神は以前の争奪戦の際メールで断りを入れられており、更に近年は大山選手などの期待の若手もいるため獲得に動く可能性は極めて低いでしょう。

もしも獲得に動くチームが無かった場合、独立リーグの球団へ移籍の可能性もあります。

其れすらもない場合は最悪強制的に半引退状態の可能性もあるでしょう…

とは言え、衰えたとはいえ間違いなくまだまだ戦える実力の持ち主です。獲得に動く球団は間違いなくあるでしょう。

最後に

個人的には近年の中島選手の成績を見ているとやはり3億5千万の価値はないかなと思ってしまいますよね…

やはり怪我が多いのもネックですし、年齢を考えると次の怪我が大事になるリスクもありますからね…

かつての中村紀洋選手の様に中々移籍先が決まらない可能性も十分あります。

中島選手の今後の動向に注目です。

 

Sponsored Links

-ストーブリーグ2018‐2019, オリックス, スポーツ, プロ野球, 西武