おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 阪神

阪神メッセンジャーが右肩違和感!現在の怪我の状態と復帰時期はいつ?

メッセ 大好き 阪神

3月30日の対巨人開幕戦。4年連続の開幕投手という大役に既に指名されていたメッセンジャー投手に黄信号です。

本記事では、現在のメッセンジャー投手の状態についてや復帰登板についてご紹介していきます。

Sponsored Links

メッセンジャーのプロフィールと昨年の「右足腓骨骨折」について

阪神 メッセ 開幕2018

  • 本名:ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger)
  • 出身地:ネバダ州リノ
  • 生年月日:1981年8月13日
  • 年齢:36歳
  • 身長:198 cm
  • 体重:121 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:1999年 ドラフト11巡目(全体326位)でフロリダ・マーリンズから指名
  • 背番号:23(2005年 - 2007年) / 26(2008年 - 2009年) / 54(2010年 - )
  • 初出場:MLB / 2005年7月22日・NPB / 2010年3月26日
  • 年俸:3億5,000万円(2018年)※2017年から2年契約
  • 経歴:スパークス高校 / フロリダ・マーリンズ (2005 - 2007) / サンフランシスコ・ジャイアンツ (2007) / シアトル・マリナーズ (2008 - 2009) / 阪神タイガース (2010 - )
  • NPB通算(8年):221試合、84勝70敗1H、防御率2.98
  • 2017成績:22試合、11勝5敗、防御率2.39

昨シーズン8月10日に行われた対巨人戦7回裏に、阿部選手の放ったライナーが右足のくるぶし付近を直撃し右足腓骨を骨折したメッセンジャー投手。

NPB8年目にして初の故障による登録抹消。しかし、アメリカへ一時帰国し固定手術を受けると8月下旬からは日本でリハビリを開始しています。

そして、9月末には二軍戦に実戦復帰し、10月10日のレギュラーシーズン最終戦となる中日戦に先発出場。4回を投げ終え、7シーズン連続の最終規定回数到達を記録しました。また、最終登板としては球団タイとなる7者連続奪三振も達成しています。

更にその3日後となる10月13日DeNAとのファーストステージ第1戦に先発。6回無失点の好投で勝利投手となっています。

骨折からたったの2カ月での驚異的な回復力での復活劇となりました。

Sponsored Links

現在の右肩のコンディション不良の状態と復帰時期について

阪神 メッセンジャー

メッセンジャー投手は26日に右肩の張りを訴え、今キャンプ初のノースロー調整となっています。

現在21日に行われた練習試合・韓国KIA戦の一回無失点の投球を最後に6日間ブルペン入りを避けています。

メッセンジャー「無理する時期じゃない。明日(27日)も投げないと思う。シーズン中に左投げに転向するよ(笑)」

香田投手コーチ「疲れが出た。一応大事を取ってをとってのノースロー調整。無理させたくない。状態を見ながら次のスケジュールを決めていく。一回空くぐらいなら問題ない。いずれにせよ、様子を見ながらね。それ以上にあったとしても体が一度できているから時間はかからない」

金本監督「詳しくは聞いていないけど。そんなに心配することではないと思うけどね」

メッセンジャー投手だけでなく、コーチや監督もそれほど悲観はしていない様子です。

しかし、予定されていた3月3日のソフトバンクとのオープン戦の登板回避は決まっており調整に多少の狂いが生じることは間違いありません。また香田コーチは現時点の次回登板白紙も認めています。

28日のキャンプ打ち上げ日は当日の状態を見て投球練習を再開する予定のメッセンジャー投手。回復が進めば実戦登板は9日、10日の中日戦となる見込みです。

最後に

多少心配ではあるものの驚異的な回復力を持ち昨年まで故障ゼロだったメッセンジャー投手だからこそ、それほど不安視はされていませんね。

キャンプ中精力的に動いてきたために多少疲れが出たと見ている香田コーチ。監督始め首脳陣の信頼は全く揺るぎません。

8年間積み上げてきたものがあるからこそ、現時点でのノースロー調整や登板回避もそれほど心配になる要素ではないのでしょう。

しかし!開幕投手の大役に内定しているだけになるべく早く首脳陣やファンを安心させてほしいですね。投球再開が待たれます!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 阪神