おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

RIZIN 格闘技 スポーツ

メイウェザーが年末格闘技RIZIN参戦|対戦相手に那須川天心!ルール結果予想も

2018/11/08

メイウェザー RIZIN 2018

11月8日追記

「私、フロイド・メイウェザーは、那須川天心との公式戦には一度も同意していないことをはっきりさせておきたい。このエキシビションは純粋に娯楽目的の『スペシャルバウト』として組まれ、公式戦とされることも、世界中でテレビ放映されることも意図していなかった」

メイウェザーは自身のインスタグラムへ長文投稿しており、当初非常に高額のファイトマネーで少数の裕福な観客向けの非公式戦に出場するという話だった事を説明。

自信が意図している試合とは違うことが判明した為、大みそかに予定されていた日本のキックボクサーの那須川天との対戦をキャンセルすると発表しています。

「(メイウェザー)本人とは話していますから」

RIZINの榊原大会実行委員長は上記のように語っており、広報担当者も「先方へ問い合わせをしています。返事を待って対応します」と話しています。

11月5日に東京・港区の六本木ヒルズ行われた会見でプロボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(41)が、大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われる格闘技イベント「RIZIN.14」に参戦することを発表しました。

本記事では現在のメイウェザーについてご紹介すると共に、気になる対戦ルールやファイトマネー、結果予想についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

フロイド・メイウェザーについて

メイウェザー RIZIN

  • 本名:フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr)
  • 通称:Money(金の亡者) / Pretty Boy(プリティーボーイ) / Master of Defense
  • 階級:スーパーフェザー級 - スーパーウェルター級
  • 身長:173cm
  • リーチ:183cm
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 誕生日:1977年2月24日
  • 年齢:41歳
  • 出身地:ミシガン州グランドラピッズ
  • スタイル:オーソドックス
  • プロボクシング戦績:50試合、50勝(27KO)0敗

圧倒的なスピードと超人的な反応速度、卓越したディフェンステクニックを駆使し、カウンターを武器として戦ってきたメイウェザー選手。

史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成しており、パウンド・フォー・パウンド最強のボクサーとして評価されていました。

2015年5月2日、MGMグランド・ガーデン・アリーナにて行われた世紀の一戦WBO世界ウェルター級王者マニー・パッキャオとの王座統一戦はあまりに有名です。

その後9月に引退。

2017年8月に復帰し、総合格闘技のコナー・マクレガーと対戦し10RTKO勝ちしています。

Sponsored Links

那須川天心について

メイウェザー 那須川1

  • 本名:那須川天心
  • 通称:神童、キックボクシング史上最高の天才
  • 階級:バンタム級・フェザー級(RISE) / スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ) / フライ級(総合格闘技)
  • 誕生日:1998年8月18日
  • 年齢:20歳
  • 出身地:千葉県
  • 身長:165cm
  • 体重:55kg
  • スタイル:極真カラテ、新空手
  • プロキックボクシング戦績:24試合、24勝(19KO)0敗

16歳でRISEとBLADE王座、17歳でISKA世界王座を獲得、18歳でムエタイ二大殿堂ルンピニー・スタジアム現役王者に1ラウンドKO勝ち、19歳で2階級上のムエタイ王者に勝利した圧倒的な実績を誇っており、『神童』『キックボクシング史上最高の天才』と評されています。

中でも得意の左ストレートは「ライトニング・レフト(稲妻の左)」の異名を持っています。

対戦ルールとファイトマネーについて

メイウェザー RIZIN 2018 ルール

メイウェザー「ルール、ウエートは数週間かけながら会話をして決めていく。スキル対スキル、ファイターとしてのぶつかり合い。階級は今のところ、心配していない。比較的、体形も小さめ。持ち味を出す戦いをしてきた。階級ありき、重さではなく、どういうスキルを出せるかが試される」

那須川「何のルールでもいい。ボクシングのルールで戦ってもいい」

現時点でルールは未定ながら那須川天心の強気な姿勢やメイウェザー得意のゴネてきた歴史の経緯からから、比較的メイウェザーに有利なルールになる可能性があるでしょう。

※ルールが判明次第追記します。

ファイトマネー

「普段100万円もらっている人が1万円で試合はしない。中途半端なお金では成立しない。過去最高のファイトマネーです」

メイウェザーのファイトマネーについて問われた榊原実行委員長は上記のコメントを残しています。

メイウェザーはこれまで平均1試合100億を超えるファイトマネーと言われており、少なくとも間違いなく10億超のファイトマネーと見られています。

勝利結果について

メイウェザー 那須川2

全盛期から衰えたとはいえ未だ無敗の50勝を誇る圧倒的なディフェンステクニックと経験、更には体重差もあるメイウェザー。

ボクシングルールでの試合となるならば那須川選手圧倒的不利であることは明白で、試合が長引き判定にもつれてしまうと勝ち目なしと考えられています。

勝利する為にはやはりキックルールor総合ルールでの文句なしのKOしかないと言えるでしょう。

またこの試合に関して一部ファンはやはりエキシビジョンである事から、メイウェザーが後々ルールなどを理由にゴネて実現しないのではないかとも見られています。

今後の続報に注目です。

世間の声

最後に

やはりボクシングルールでは那須川選手は圧倒的不利と見られています。

一方でキックルールであれば那須川選手にも勝機はあると見られている為、やはり対戦ルールが非常に重要となりそうですよね。

メイウェザー選手の得意のゴネがどこまで効くか…試合自体なくなってしまう事が無いように祈るのみです…

対戦が実現すれば間違いなくビッグマッチとなるので、今から年末まで非常に楽しみですね!

 

Sponsored Links

-RIZIN, 格闘技, スポーツ