おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 ホークス 阪神

飯田優也(ソフトバンク)松田遼馬(阪神)トレードの理由|成績や球種球速も紹介!

飯田 松田1

福岡ソフトバンクホークス所属の飯田優也投手(27)と、阪神タイガース所属の松田遼馬投手(24)との交換トレードが成立したことが球団から発表されました。

ここに来てまたも駆け込みトレードを行ったソフトバンク。

本記事では、トレードされた両投手についてご紹介すると共に、交換トレードに至った理由などもご紹介していきます。

Sponsored Links

飯田優也(ホークス→タイガース)のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

飯田 ソフトバンク 松田 トレード

  • 本名:飯田 優也(いいだ ゆうや)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 生年月日:1990年11月27日
  • 年齢:27歳
  • 身長:186 cm
  • 体重:83 kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2012年 育成選手ドラフト3位
  • 背番号:42
  • 初出場:2014年6月11日
  • 年俸:2,000万円(2018年)
  • 経歴:神戸弘陵学園高等学校 / 東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部 / 福岡ソフトバンクホークス (2013 - )
  • 2017成績:19試合、防御率2.42
  • 通算:96試合(11先発)、防御率3.20、3勝6敗10H
  • 2018成績:1試合、防御率54.00

2012年のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト3位指名を受け入団。

2014年に二軍先発ローテの一角として防御率1.63と安定した成績で、ウエスタンリーグ優勝に貢献しています。5月11日には支配下登録もされ、1軍でも11試合に先発し2勝5敗、防御率3.24を記録。

2015年から中継ぎに転向し、秀でた成績こそ残せてはいませんが比較的安定した成績を残してきています。

オーバースローから放たれる直球の平均球速は140 kmながら、最速148kmで、変化球にスライダー・カット・カーブ・チェンジアップ・フォークと多彩な球種で組み立てます。

昨年も制球が安定せずに一軍登録を抹消されるなど、コントロールに課題を残しています。

Sponsored Links

松田遼馬(タイガース→ホークス)のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

松田 トレード 飯田 

  • 本名:松田 遼馬(まつだ りょうま)
  • 出身地:長崎県島原市
  • 生年月日:1994年2月8日
  • 年齢:24歳
  • 身長:184 cm
  • 体重:92 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2011年 ドラフト5位
  • 背番号:56
  • 初出場:2013年7月13日
  • 年俸:1,500万円(2018年)
  • 経歴:長崎県立波佐見高等学校 / 阪神タイガース (2012 - )
  • 2017成績:26試合(1先発)、1勝2敗、防御率5.05
  • 通算:111試合(1先発)、6勝6敗14H、防御率4.07
  • 2018(2軍):15試合、0勝4敗3S、防御率5.91 / 一軍登板無し

2011年のドラフト会議で阪神タイガースから5位指名を受け、契約金3,000万円、年俸520万円(いずれも推定)で入団

2012年1軍登板は無かったものの、シーズン終了後にはクローザーへの適性を見込まれ春季キャンプでMVPに選ばれています。

2013年救援での1軍デビューを果たすと、そこからプロ初失点初黒星を喫するまで17登板試合(18イニング)連続無失点を記録しています。

度々怪我や不調によって苦しめられ安定した成績こそ残せてきてはいませんが、記録よりも記憶に残るようなきらりと光る投球を重ね、今後を期待されていました。

スリークォーターから放たれる直球は最速153 km(平均145 km)を誇っており、変化球にはスライダー・カット・カーブ・フォーク・チェンジアップなど多彩な球種で組み立てます。

強気な性格で内角を鋭く突く投球スタイルに定評があるものの、コントロールに課題が残っています。

今季1軍登板はなくファームでも苦しんでいます。

トレードに至った真相

飯田 松田3

阪神は今季昨年の盤石の中継ぎ陣は鳴りを潜めており、即戦力の中継ぎ左腕は補強ポイントでもありました。

また、ソフトバンクにとっても非常に未来有望な若手投手は確保しておいて全く損はありません。

両チームにとってwin-winのトレードと言えそうです。

現時点では両選手ともに2軍で苦戦しており、松田投手防御率5.91、飯田投手防御率4.01としています。

両投手共に1軍経験だけでなく実績もある為、環境を変えて心機一転すれば活躍の可能性は十分あるでしょう。

今回のトレードも非常にチームにとっても選手にとっても良いトレードと言えそうです。

最後に

個人的にはやはり松田投手のトレードは非常に悔しいですね…

阪神は松田投手を将来の抑え候補として期待していましたが、阪神では思うように伸びませんでしたね…

とはいえ、間違いなく素材は一級品ですし是非ソフトバンクで大成してほしい!

「先発の経験もあるだろうし、両方経験があるから。期待しています」

金本監督はこう話しており、もしかしたら先発での登板の可能性もありありそう…

飯田投手は先発経験があるとはいえ1軍での先発は2014年以降ありません。

先発での起用には多少心配はあるものの、後半戦を戦うための戦力としては実績共に十分!

両投手とも今季苦戦していますが、このトレードは間違いなくチャンスでもあります。なんとか、チャンスを掴んで新天地で光り輝いて欲しいですね!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, ホークス, 阪神