おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

ストーブリーグ2018 スポーツ プロ野球 日ハム

増井浩俊(日ハム)FA権行使!ランクや獲得に興味を示す球団を予想

2017/11/14

FA 日ハム 増井

11月14日追記!

増井浩俊投手(33)が14日、札幌市内の球団事務所で会見を開き、今季取得した国内フリーエージェント権の行使を表明したことをデイリースポーツを始め各紙が報じました。

「このたび、取得しましたFA権を行使して、他球団のお話を聞きたいということを、球団の方にご報告させて頂きました。本当にここまでいろいろ悩んだんですけれども、取得したFA権をまず行使して、他球団のお話を聞いてみたいと思ったのでこういう形になりました」

現在日ハムとは既に複数回交渉し、複数年契約の提示を受け残留要請も受けています。宣言残留を認められていることもあり「宣言はしましたけども残留を視野に入れて行使した」と明かしています。

「必要とされているのは感じた。宣言しないと他球団の評価も分からない。聞いてみたい気持ちがないことはない。迷うくらいなら(他球団の評価を)聞いておきたい。次回の話し合い次第で決めようかと思っている」

そう語るのは今季6月にFA権を取得した日本ハムファイターズ・増井浩俊投手。

球団との一回目の残留交渉を終えたことを認めたうえで、迷いについて語ったことを各スポーツ紙が報じています。

本記事では、その増井投手に関して今季成績などを併せてご紹介すると共に、行使する確率や獲得の動くであろう球団についても予想します。

Sponsored Links

増井浩俊のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

FA 増井 日ハム 移籍

  • 本名:増井 浩俊(ますい ひろとし)
  • 出身地:静岡県焼津市
  • 生年月日:1984年6月26日
  • 年齢:33歳
  • 身長:181 cm
  • 体重:70 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2009年 ドラフト5位
  • 初出場:2010年4月9日
  • 背番号:43(2010年 - 2011年) / 19(2012年 - )
  • 年俸:2億2,000万円+出来高(2017年)※2016年から2年契約
  • FAランク:Aランク
  • 経歴:静岡県立静岡高等学校 / 駒澤大学 / 東芝 / 北海道日本ハムファイターズ (2010 - )
  • 2017成績:52試合 6勝1敗27S7H 防御率2.39
  • 通算(8年):402試合 33勝28敗110S129H 防御率2.70

平均球速約149km、最速155kmのストレートと落差の大きいフォークボールを武器に、スライダーやカーブを織り交ぜながら組み立てる増井投手。

2009年のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから5位指名を受け入団。

2010年は先発として、早くから先発ローテーションの一角として起用されましたが、6月に陥った右肩肩甲上神経炎や、8月復帰後は不振に喘ぎ高数値を残すことは叶いませんでした。

2011年以降ははセットアッパーや抑えとして起用され現在までに110セーブ、129ホールドを記録しています。セーブとホールド共に「100」超えは史上4人目。

2016年に再度先発に転向し、リーグ優勝に大いに貢献しましたが、2017年には再度抑えに転向。今季はセーブ成功率81%を記録しています。

Sponsored Links

増井浩俊はFA権を行使する?獲得に動く球団も予想!

増井 日ハム

増井投手のFA権の行使について、本人は「五分五分」と語るに留めていますが、本サイトでは行使すると予想します。

理由としてはやはり、本記事最初に紹介したコメントからもヒシヒシと感じれる球団が提示した条件との開きや、迷い。

一応宣言残留も認められてはいますが、FA権を行使した場合はやはり残留については望み薄でしょう。

さて、増井投手が権利を行使した場合気になるのは調査獲得に動く球団。先発・中継ぎ・抑えどこでも実力を発揮できる投手です。欲しくない球団はないでしょう!調査する球団も複数球団ある事も容易に想像できます。

しかしながら、獲得に動ける球団となると数は一気に減るでしょう。増井投手はAランクであり、人的補償の必要性もあります。更に年俸は、2億2,000万円+出来高と非常に高額です。

FA選手が大好物の球団の中でも、阪神は金本監督になってから出来るだけ自前の選手の育成に力を注いでいます。更に中継ぎが潤っていることもあり獲得に動くとは考えられません。

抑えや中継ぎが流出し、是が非でも即戦力の投手が欲しい球団。それは、巨人!
今オフにマイコラスやマシソンの流出が濃厚な巨人は投手の補強が必須課題です。年俸が高額でも、更にAランクの人的補償に耐えてでも喉から手が出るほど必要としている即戦力投手。

ほぼ間違いなく巨人が獲得に動くと予想します。

関連リンク

最後に

今年は各選手がFA権が行使されたら相当豊作な年になりそうです。

FA権を取得した実力のある選手達だけに、やはりチームにとって必要な選手達ばかりなのは間違いありません。抜けてしまった場合は、相当な痛手になるのも間違いありません。

しかしながら、実力がありながら見合った年俸が得られていなければそれは非常に由々しき問題でもあります。

メジャーでは移籍は日本に比べて比較的ポップに行われています。すぐに応援するのは難しいかもしれませんが、その選手にとって必要な移籍だったと信じ、是非移籍先でも結果を残してくれるように応援出来る日が来たらとっても素敵ですよね♪

それでもやっぱり移籍しちゃうのは寂しい…!けど、選手の応援は続けたいと思う今日この頃でした!

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

Sponsored Links

-ストーブリーグ2018, スポーツ, プロ野球, 日ハム