おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 楽天

岸孝之投手(楽天)緊急降板!右膝怪我で抹消|右膝鵞足腱炎復帰時期はいつ?

楽天 岸 怪我

11日に行われた西武ライオンズ対楽天イーグルスの試合で、先発した岸孝之投手が右膝の不調を訴え自己最短となる1回緊急降板しました。

西武・浅村選手の3ランを含む3安打、3四球、3失点という投球内容でした。

その後仙台市内の病院で診察を受けています。

本記事では、今季の岸投手についてご紹介すると共に、今回の怪我についてや復帰時期についてもご紹介してきます。

Sponsored Links

岸孝之のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

楽天 岸2

  • 本名:岸 孝之(きし たかゆき)
  • 出身地:宮城県仙台市太白区
  • 生年月日:1984年12月4日
  • 年齢:33歳
  • 身長:180 cm
  • 体重:77 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 背番号:11
  • プロ入り:2006年 希望入団枠
  • 初出場:2007年3月30日
  • 年俸:3億円(2018年)※2017年から4年契約
  • 経歴:宮城県名取北高等学校 / 東北学院大学 / 西武ライオンズ / 埼玉西武ライオンズ (2007 - 2016) / 東北楽天ゴールデンイーグルス (2017 - )
  • 2017成績:26試合、8勝10敗、防御率2.76
  • 2018成績:18試合、9勝3敗、防御率2.42
  • 通算:270試合、120勝78敗、防御率2.98

2006年の大学生・社会人ドラフト会議希望入団枠で西武ライオンズを指名し、契約金1億円、年俸1,500万円(推定)で入団

2014年には史上78人目、89度目のノーヒットノーランを達成しています。

NPB史上134人目となる公式戦100勝達成や、175人目となる通算1500投球回を達成した2016年オフに、海外FA権を行使し岸投手の地元でもある楽天へ入団。

2017年は古巣西武からも勝利を奪いパリーグ全6球団から白星を挙げたものの、自身の好投実らず中々勝ち星には恵まれず7月21日の日ハム戦での8勝目を最後に7連敗を喫しています。

今季はここまでチームトップの9勝(4完投)とエースとしてチームを牽引する活躍を果たしてきました。

2014年の自身最多タイとなる13勝を最後に遠ざかっている二桁勝利も目前に迫ったこのタイミングで、登録を抹消されています。

Sponsored Links

岸孝之の故障|右膝鵞足腱炎とは

楽天 岸4

岸投手は仙台市内の病院で診察を受け「右膝鵞足(がそく)腱炎」と診断されています。

「鵞足炎」とは脛骨の近位内側にまとまって付着・停止している半腱様筋腱、薄筋腱、縫工筋腱の三つの腱(鵞足)に起こった炎症の事を「鵞足炎(がそくえん)」と呼称します。

炎症の理由は主にオーバーユース(使いすぎ)による病気とされています。

当初炎症は軽度と見られており、1軍帯同し日々の炎症を見極めながら試合復帰を目指していくとされていました。

しかし、ここに来て12日に出場選手登録を抹消されています。

「運動制限もないみたいだけど、無理はさせられない。投げようと思えば投げられかもしれない。1回飛ばすくらいですかね。そんなに長くはかからない」

平石監督代行も軽症を強調しており、当初の1軍帯同しつつ試合復帰を図るプランからは変更されましたが、あくまで重症ではないとされています。

岸孝之の復帰時期はいつ?

平石監督代行のコメント通りとなると復帰時期は最短8月22日の復帰となります。

さて…ここで今季同じ「左膝鵞足炎」と診断されたアマダ―選手についてご紹介します。

当時梨田元監督はアマダ―選手について「そんなに長引かないと思うが、まずは治療に専念してもらう」と語っていました。

5月13日に抹消されたアマダ―選手の1軍復帰は6月12日になっており、約1カ月を要しています。

今回の岸投手の炎症は軽度と見られており、長引くことはないと見られている事からやはり復帰時期は最短となる22日から遅くとも8月末までには復帰できるでしょう。

最後に

今季の岸投手はここまでエースとして大車輪の活躍をしてきました。

楽天は今季非常に投手陣が苦しんでおり、則本選手も勝率3割台に落ち込み昨シーズンまで絶対的守護神であった松井投手も相次ぐ救援失敗、防御率4.73と苦しんでいます。

そんなか孤軍奮闘し勝率.750を誇る岸投手が長期離脱となったらCS進出はさらに難しくなるでしょう…

幸い今回の怪我では早期復帰となりそうなので、ひとまず安心と言ったところでしょうか…

とはいえ、今季は現在4年ぶりの2桁勝利にもリーチがかかっている状態なので更なる怪我を防ぐためにも、万全を期しつつも早期復帰を果たし、また勝利を挙げてほしいですね!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 楽天