おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

君津市長選挙2018開票結果速報

君津市長選挙2018の結果速報と開票|立候補者の情勢・予想・公約まとめ

選挙2

ここでは10月7日に告示、10月14日投開票の千葉県、君津市長選挙2018(君津市長選)の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKの出口調査情報や投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の君津市長選の立候補者はいずれも無所属で、元県職員の渡辺吉郎氏(61)=自民、公明推薦=、元市議の安藤敬治氏(70)、元県議の石井宏子氏(53)の3名です。

 

有権者数は10月6日時点で7万3024人となっています。

激しい三つ巴選挙を制したのはどの候補者だったのか、見ていきましょう。

Sponsored Links

君津市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

君津選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査情報、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

 

投票率
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
渡辺 吉郎 61 無所属(自民、公明推薦) 無職、元県職員
安藤 敬治 70 無所属 会社役員、元市議
石井 宏子 53 無所属 無職、元県議

 

開票は10月14日午後9時15分から君津市民体育館(内箕輪1-1-1)で開票されます。

大勢の判明はおそらく午後11時~12時前後になるのではないかと予想します。

 

以下は前回(2014年10月26日執行)の君津市長選挙の開票結果となります。

投票率は有権者数72409人に対して53.41%でした。

投票率 53.41%
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
18120 鈴木 洋邦 73 無所属(自民、公明推薦) 君津市長
12413 下田 剣吾 33 無所属 無職、元市議
7693 天笠 寛 52 無所属 会社役員、元市議
  • [告示日]2014年10月19日
  • [投票日]2014年10月26日
  • [有権者数(人)]72409
  • [投票率(%)]53.41

[執行理由]任期満了

[定数 / 候補者数] 1 / 3

 

君津市長選挙2018|争点や情勢、当確予想は

ここでは君津市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

君津市長選挙2018の争点

君津市長選挙2018における主な争点は、3期12年続いた鈴木洋邦市長(77)の引退による、市政の継承か刷新となっています。

各立候補者の政策主張や公約は後述します。

 

君津市長選挙2018の情勢や当確予想

選挙戦がスタートしてからの情勢で当確予想をすると今の所どの候補者が当選確実に近いと言った情報はありません。

三候補者による接戦の三つ巴選挙となるかもしれません。

Sponsored Links

君津市長選挙2018|立候補者の政策(公約)やプロフィール、経歴

10月14日に投開票が行われる君津市長選挙。

3期12年にわたって市長を務める現職の鈴木洋邦市長が引退を表明。

 

これを受けて立候補の名乗りを上げたのは、元千葉県職員の渡辺きちろう氏、元君津市議の安藤けいじ氏、元千葉県議の石井ひろ子氏の3名。

 

無所属新人同士の三つ巴の戦いを制し、新たな市政のかじ取り役を担うのはどの候補なのでしょうか?

 

それでは、立候補者である渡辺氏、安藤氏、石井氏の経歴や政策をご紹介します。

 

渡辺 きちろう(わたなべ きちろう)

君津市長選挙2018開票結果速報立候補者1

  • 名前:渡邉 吉郎(ワタナベ キチロウ)
  • 現年齢:61歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党、公明党推薦)
  • 肩書き:無職(元千葉県職員)
  • 学歴:市立君津中学校、県立木更津高等学校、早稲田大学法学部卒業
  • 職歴:千葉県職員、公益財団法人千葉県産業振興センター(理事長)

渡辺きちろう氏は、1957年1月16日に旧君津町(現・君津市)北子安で生まれます。

幼少期はわんぱく坊主だったそうです。

 

木更津高校を経て、早稲田大学法学部に進学。

卒業後、千葉県庁に入庁。

 

東京事務所長、企業庁地域整備部長、会計管理者、議会事務局長などの役職を歴任します。

2017年3月に県庁を定年退職。

 

同年4月から今年3月末まで、公益財団法人千葉県産業振興センターの理事長を務めます。

公務員として仕事に携わる他、君津市消防団第2分団員、北子安青年会会長、北子安自治会会計を務めるなど、地域活動にも熱心に取り組みます。

 

そんな渡辺氏は、現職市長の鈴木洋邦氏から後継指名を受け、今回の市長選への出馬を決意。

出馬表明の記者会見の中で、その意気込みを次のように述べています。

 

「37年の行政経験をいかし、大好きな君津のために努力したい」

 

スローガンは、「安らぎと活力のあるまちづくり」。

 

D51形蒸気機関車の先頭部分に自らのイラストを入れた「デコイチキチロウマーク」がシュールです。

「県庁のエース」と自称する渡辺氏が掲げる主な公約は次のとおり。

 

  • 市内小中学校の全ての教室にエアコン設置
  • 通院や買い物に困る交通弱者を減らします
  • きみつ成長戦略
    ・君津インター周辺開発!
    ・住宅地増で人口増!
  • 日本一の子育て応援宣言
  • 市民活動の支援と地域力との連携で支え合いのまちづくりを推進します

 

安藤 けいじ(あんどう けいじ)

君津市長選挙2018開票結果速報立候補者2

  • 名前:安藤 敬治(アンドウ ケイジ)
  • 現年齢:70歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:会社役員
  • 学歴:県立天羽高等学校卒業
  • 職歴:新日鐵君津製鐵所社員、南園芸センター(自営)

安藤けいじ氏は、1948年8月22日に旧君津町(現・君津市)坂田で生まれます。

県立天羽高校を卒業後、新日鐵君津製鐵所に就職。

 

その後、南園芸センターを開業します。

また、坂田小学校PTA会長を務めるなど、地域活動に熱心に取り組みます。

 

そして、1995年9月に行われた君津市議選に出馬し、初当選。

以後の選挙でも当選を重ね、市議を6期務めます。

 

その傍ら、君津市消防団第8分団副団長、青少年相談委員君津市連協会長、君津警察少年ボランティアなど、多くの役職を歴任。

 

現在も君津市野球連盟会長を務めています。

 

市議会では、2013年9月から2期4年間にわたって議長に就任。

 

議員定数の削減をはじめとする議会改革に尽力します。

 

そんな安藤氏は、人口減少への対応遅れなど現在の鈴木市政を批判した上で、

「議会での経験をいかし、行財政改革と市政の再生に取り組みたい」

と述べ、今回の市長選への出馬を表明します。

 

スローガンは、「責任ある市政」。

 

安藤氏が掲げる主な公約は次のとおり。

  • 学校のトイレの洋式改修とエアコンを整備
  • 二世帯住宅建築費の助成と空き家対策
  • まちづくりを新助成制度で支援
  • 80歳以上で車の無い家庭にタクシー券支給
  • パトロール隊により猪捕獲者の負担軽減
  • 君津の名水を守りその活用を支援
  • 自然災害対策に河川の竹や倒木・立木の回収
  • 清和休養村をリノベーション
  • 市長・副市長・教育長の給料を削減

Sponsored Links

石井 ひろ子(いしい ひろこ)

君津市長選挙2018開票結果速報立候補者3

  • 名前:石井 宏子(イシイ ヒロコ)
  • 現年齢:53歳
  • 性別:女
  • 党派:無所属
  • 肩書き:無職(元千葉県議会議員)
  • 学歴:木更津市立太田中学校、県立木更津高等学校、 上野学園大学音楽学部卒業
  • 職歴:君津市立小中学校音楽教諭、君津市議会議員(1期)、千葉県議会議員(3期)

石井ひろ子氏は、1964年10月26日に埼玉県で生まれます。

父親の仕事の関係で5歳から木更津市に転居。

 

県立木更津高校ではバレー部に在籍。

上野学園大学音楽学部を卒業後、音楽教諭として君津市の亀山中学校、周西中学校、南子安小学校に赴任。

 

合唱の指導に力を入れていたそうです。

そして、2003年9月に行われた君津市議選に出馬し、初当選。

 

2007年4月には千葉県議選に無所属で出馬。初当選を果たします。

2011年、2015年の選挙戦では民主党公認候補として出馬し、いずれも無投票で当選。

 

県議を3期務めます。

今年2月には民進党を離党。

 

7月には所属していた国民民主党系の会派「千葉民主の会」を退会し、無所属になります。

 

そんな石井氏は、

「人口減少も進む君津がこのままではいけないとの地域の方々の声に押されて出馬を決めた。

君津の魅力を伝えていきたい」

として、今回の市長選への出馬を表明。

 

スローガンは、「動き出そう。君津」

 

石井氏が掲げる政策の柱と主な公約をご紹介します。

  • 君津の水と緑を守りぬく
    ・小櫃川源流の産業廃棄物処分場の増設中止
    ・君津農業塾を開校。就農を支援
    ・君津産品の地産地消拡大とブランド化
  • 君津の元気を取り戻す
    ・かずさ4市一体の経済発展を目指し連携を強化
    ・住宅整備や近居・同居補助など、人口減への対応強化
    ・すぐ動く!元気な市役所づくりを推進
  • 市民が主役の市政を創る
    ・市民の声を市政に”きみつ未来会議”を定期開催
    ・子育て支援と教育充実で、住みたいまち君津へ改革
    ・買い物や外出の足となる乗合い交通網を整備

2018年10月14日の注目選挙

当サイトでは君津市長選挙以外にも10月14日(同日)執行される他県の注目選挙もまとめています。

それでは、引き続き君津市長選挙2018の最新情報、情勢を追っていきます。

Sponsored Links

-君津市長選挙2018開票結果速報