おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ

阪神タイガース補強予想2017!新情報ドラフト上位指名確定!中位指名は?

201609231

既に来季を見越して動き始めた阪神タイガース!今季は機動力野球を目標としながらチーム57盗塁とリーグで最低に終わりました。来季の巻き返しに欠かせない新戦力。今秋のドラフト戦略の一端が判明しましたので、簡単にご紹介しようと思います。

Sponsored Links

ドラフト上位指名方針

201609232

ドラフト上位指名は以前本サイトでもご紹介しましたが、創価大・田中を筆頭に、桜美林大・佐々木、履正社・寺島、横浜・藤平ら即戦力投手の指名が確定視されています。

Sponsored Links

ドラフト中位指名方針

201609233

中位指名では、スペシャリストの獲得を積極的に推し進める方針に決まった模様です。前述のスペシャリストとは、「俊足」、「強肩」、「速球」など突出した特徴を持つ人材をもっている選手を指しています。

今季若手を積極起用した背景にも機動力野球を目標とした背景がありました。今季開幕当初先発に名を連ねていた横田がすぐに打撃不振で降格したり、虎随一の走塁センスをもった西岡が故障離脱など、走力のある選手が早々に不在となってしまいました。このことから、スペシャリストの獲得は急務と考え、球団関係者も「俊足の選手が欲しい」と明言したようです。

また、金本監督自身も「足と打力で負けた。広島は走れる選手が、ずっとレギュラーでいた」と認めていたようです。

ドラフト中位指名候補

201609234

社会人No.1内野手の呼び声高い俊足の源田壮亮内野手(23)。大学時代の成績は、49試合で、打率306、12盗塁。

大学球界屈指の遊撃手である早大の石井一成内野手(22)。大学時代の成績は、66試合で、打率285、3本塁打、6盗塁

50メートル走5秒8を誇る静岡高の鈴木将平外野手(18)。甲子園通算打率333。国際大会では6試合で、打率318、1本塁打、4盗塁を記録しています。

上記の源田壮亮内野手、石井一成内野手は現在内野手が手薄の阪神にとっては補強ポイントと合致し、是非とも獲得したい2名となっています。また、地元関西でも大阪ガス・峰下智弘内野手(24)高校生でも京都国際・清水陸哉外野手(17)らの、走力を持つ逸材がが揃っており、なんとかスペシャリストを獲得したいところです。

また10月1日で今季日程を終えることから、金本監督が実際に候補選出の為視察におもむく動きもあるようです。

関連リンク

最後に

FAや新外国人の情報などが多数出てきましたが、ドラフトも見逃せません。そういえば、先日バレンティンが退団するかもしれないという報道が出ました。バレンティンが退団するとなれば、阪神も獲得に動く模様ですが、バレンティンは生涯ヤクルト宣言をしており、今後の動向にも注目が集まっています。その点についても、近日記事にできればなと思っております。少しずつ盛り上がってきているストーブリーグ!来季の巻き返しを誓う阪神!糸井とバレンティン獲得とか夢のある報道を楽しみにしたいと思います!

Sponsored Links

-スポーツ