おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

宜野湾市長選挙2018開票結果速報

宜野湾市長選挙2018の開票結果速報と立候補者の情勢【出口調査最新版】

選挙2

ここでは9月23日に告示、9月30日投開票の沖縄県、宜野湾市長選挙選挙2018(宜野湾市長選)の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKの出口調査情報や投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の宜野湾市長選挙の立候補者はいずれも無所属で、県高校PTA連合会前会長の仲西春雅氏(57)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦=と、前副市長の松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=の2名です。

 

激しい一騎打ちの選挙戦を制したのはどちらの候補者だったのか、見ていきましょう。

Sponsored Links

宜野湾市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

 

宜野湾市長選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査情報、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

 

投票率
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
仲西 春雅 57 無所属 有限会社サンパチック役員
松川 正則 65 無所属 無職、前副市長

 

開票は9月30日に即日開票となりますが、台風24号の影響で翌日の10月1日にずれ込む可能性もあるとのこと。

即日開票となれば当確情報は午後20時、大勢の判明はおそらく午後23時~0時前後になるのではないかと予想します。

 

以下は前回(2016年1月24日)の宜野湾市長選挙の開票結果となります。

投票率は有権者数72526人に対して68.72%でした。

投票率 68.72%
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
27668 佐喜真 淳 51 無所属 宜野湾市長
21811 志村 恵一郎 63 無所属 無職、元県職員
  • [告示日]2016年1月17日
  • [投票日]2016年1月24日
  • [有権者数(人)]72526
  • [投票率(%)]68.72

[執行理由]任期満了

[定数 / 候補者数] 1 / 2

宜野湾市長選挙2018|争点や情勢、当確予想は

ここでは宜野湾市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

宜野湾市長選挙2018の争点

宜野湾市長選挙2018における主な争点は「米軍普天間飛行場の早期撤去」や「経済活性化や子育て環境の整備」などが挙げられています。

各候補者の政策主張や公約は後述します。

宜野湾市長選挙2018の情勢や当確予想

選挙戦がスタートしてからの情勢での当確予想は難しくどちらの候補者も互角に舌戦を繰り広げている模様です。

ただし有権者の4割がどちらの候補者に投票するかまだはっきりとしていないようで、情勢は常に変わることが予想されます。

 

Sponsored Links

宜野湾市長選挙2018|立候補者の政策(公約)やプロフィール、経歴

沖縄県知事選と同日の9月30日に投開票が行われる宜野湾市長選挙。

前市長の佐喜眞淳氏が知事選出馬のため辞職したのに伴い実施されます。

 

知事選とのW選挙となるこの市長選に立候補の名乗りを上げたのは、前副市長のマツ川正則氏、会社役員のナカニシ春雅氏の無所属新人2名。

 

国政与党の自民党、公明党が推薦し、佐喜眞氏とタッグを組むマツ川氏VSオール沖縄が支援し、玉城デニー氏とタッグを組むナカニシ氏という構図になっています。

 

一騎打ちの戦いを制し、新たな市政のリーダーとなるのはどちらの候補なのでしょうか?

 

それでは立候補者であるマツ川氏とナカニシ氏の経歴や政策をご紹介します。

 

マツ川 正則(まつかわ まさのり)

宜野湾市長選挙2018開票結果速報

  • 名前:松川 正則(マツカワ マサノリ)
  • 現年齢:65歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党、公明党推薦)
  • 肩書き:前宜野湾市副市長
  • 学歴:市立普天間中学校、県立普天間高等学校、琉球大学短期大学部法経学科卒業
  • 職歴:宜野湾市職員、宜野湾市副市長

マツ川正則氏は、1953年9月20日に宜野湾市野嵩で生まれます。

 

普天間高校卒業後、宜野湾市役所に入庁。

 

市職員として働きながら琉球大学短期大学部法経学科に進学し、卒業します。

 

秘書広報係長や市議会事務局長などの役職を歴任。

 

また、普天間中学校PTA会長を務めるという世話好きな一面も持ちます。

 

2012年2月に就任した前市長の佐喜眞淳氏からの要請を受け、同年3月から宜野湾市副市長に就任。

 

以後、市政のリーダーを務める佐喜眞氏を6年7ヶ月にわたって支えます。

 

佐喜眞氏が沖縄県知事選出馬のため市長を辞職したのに伴い、8月18日から市長職務代理者に。

 

そんなマツ川氏は、市政与党の選考委員会からの要請を受け、今回の市長選への出馬を決意します。

 

出馬表明の記者会見の中で、その思いを次のように述べています。

「佐喜真市政で進めてきた街づくりや福祉政策を引き継ぎ、さらに発展させていく」

 

なお、出馬に備え、副市長、市長職務代理者を辞職しています。

 

スローガンは、”「宜野湾がいちばん」継続”。

 

佐喜眞市政の継承を表明しているマツ川氏が掲げる政策は次のとおり。

  • 普天間飛行場の早期返還の実現
  • 市道宜野湾11号の整備を推進する
  • 「普天間飛行場周辺まちづくり事業」を推進する
  • 西普天間住宅地区跡地に「沖縄県健康医療拠点」を形成する
  • さらなる待機児童の解消
  • 子育て支援策の充実

Sponsored Links

ナカニシ 春雅(なかにし はるまさ)

宜野湾市長選挙2018開票結果速報候補者2

  • 名前:仲西 春雅(ナカニシ ハルマサ)
  • 現年齢:57歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:会社役員
  • 学歴:浦添市立仲西中学校、興南高等学校卒業
  • 職歴:飲食業、有限会社サンパチック(自営)

ナカニシ春雅氏は、1961年6月26日に浦添市城間で生まれます。

 

浦添市立仲西中学校を経て、スポーツの強豪校である興南高校に進学。

 

在学中はハンドボール部に在籍していたそうです。

 

飲食業を経て、2000年にサービス業を行う会社を設立。役員に就任しています。

 

仕事の傍ら、沖縄三育小学校、宜野湾中学校、那覇国際高校、西原高校でPTA会長を歴任。

 

2014年から今年5月まで沖縄県高校PTA連合会会長を務め、リーダーシップを発揮します。

 

現在、一般社団法人沖縄県高等学校安全振興会の理事長を務めています。

 

昨年12月に普天間第二小学校に米軍ヘリの窓が落下した事故が発生。

 

これを受けて、ナカニシ氏は米軍基地の問題に抗議する市民大会の実行委員長を務めます。

 

そんなナカニシ氏は、市政野党の選考委員会からの出馬要請を受ける形で、市長選への出馬を決意。

 

記者会見の中で、その思いを次のように述べています。

「市の教育も地域振興も普天間飛行場が大きな阻害要因となっている。この問題を解決する」

「普天間飛行場の2019年2月の運用停止の約束実行を日米両政府に強く訴える」

 

スローガンは、「あなたの声が私の原点」。

 

政策の柱は次のとおり。

  • 全ての児童生徒が安心して学べる教育環境づくりを最優先に進めます。
  • 医療・福祉・子育て支援のナンバーワン都市を目指します。
  • 新たな基地を認めず、普天間基地の運用停止、一刻も早い閉鎖・返還を強く求めます。
  • 世界水準の都市型国際観光・リゾート地の形成を目指します。

 

オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会実行委員会の代表団が安倍晋三首相に手渡した「建白書」の堅持を基本政策に掲げています。

2018年9月30日の注目選挙

当サイトでは宜野湾市長選挙以外にも同日執行される他県の注目選挙もまとめています。

それでは、引き続き宜野湾市長選挙2018の最新情報、情勢を追っていきます。

Sponsored Links

-宜野湾市長選挙2018開票結果速報