おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

ストーブリーグ2018‐2019 スポーツ プロ野球 ヤクルト 楽天

由規(ヤクルト戦力外)楽天と育成契約|現在の怪我の状態と支配下復帰はいつ?

ヤクルト 由規 退団

東京ヤクルトスワローズを自由契約となった由規投手。

11月13日にタマホームスタジアム筑後で行われた12球団合同トライアウトへの参加は見送っていましたが、東北楽天ゴールデンイーグルスが育成選手として契約したことが発表されました。

本記事では、由規選手についてご紹介すると共に、支配下選手登録復帰についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

由規のプロフィール|成績や背番号・年俸も添えて…

ヤクルト 由規 頑張れ2

  • 本名:佐藤 由規(さとう よしのり)
  • 出身地:宮城県仙台市青葉区
  • 生年月日:1989年12月5日
  • 年齢:28歳
  • 身長:179 cm
  • 体重:80 kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2007年 高校生ドラフト1巡目
  • 背番号:123(2019)
  • 初出場:2008年8月30日
  • 年俸:1,800万円(2018)
  • 経歴:仙台育英学園高等学校 / 東京ヤクルトスワローズ (2008 - )
  • 2018成績:7試合、1勝2敗、防御率4.46
  • 通算:90試合、32勝36敗、防御率3.66

2007年の高校生ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、読 売ジャイアンツ(巨人)の5球団が1巡目指名

抽選の結果ヤクルトが独占交渉権を獲得し、契約金1億円出来高5,000万円、年俸1,500万円(推定)で入団

当時は中田翔(大阪桐蔭)や唐川侑己(成田)と共に「高校ビッグ3」と評されていました。

ノビのある剛速球が何よりの武器で、入団当時からMAX157kmを誇っています。

更に変化球に切れ味鋭いスライダーやフォークを武器に三振を奪う投球スタイル。

一方で制球力には課題が残っており、四球や暴投も多くなっています。

2010年にはNPB公式戦における当時の日本人選手最速記録となる161kmも記録しています。

一方で非常に怪我も多く、規定投球回に達したのは2010年の一度のみとなっています。

2015年オフの契約更改では育成選手契約へ移行も経験。

翌2016年7月5日に支配下選手へ復帰を果たし、1771日振りとなる1軍公式戦へ復帰登板を果たしています。7月24日には1786日振りの勝利も挙げています。

2017年には2013年の右肩手術後初めての完封勝利、球速は衰えたもののMAX152km、平均でも145km前後を記録しています。

今季は7年ぶりに開幕1軍で迎えるも、6月2日の楽天戦で投球中に右肩違和感を訴え緊急降板。

その後実戦からは遠ざかっています。

Sponsored Links

現在の怪我の状態

ヤクルト 由規 頑張れ1

由規投手は楽天戦で投球中に右肩違和感を訴え、その後は実戦から遠ざかっています。

球団も「早期の回復は困難」と判断しており、そういった背景もふまえて、引退セレモニーの開催や球団職員としての再契約を由規投手にに打診したものの、他球団での現役続行を希望し退団に至っています。

由規投手は10月時点でもノースロー調整となっており、現在も長いリハビリが続いています。

一方で由規投手自身は復活に向けて手ごたえを感じており、退団時には「自分の可能性にかけたい。ボロボロになるまで野球をやりたい」と涙を流しながらコメントを残しています。

支配下選手登録復帰はいつ?

ヤクルトでは早期の復帰は困難と判断された由規投手。

しかし、楽天でメディカルチェックを受けた由規投手について、石井GMは来季中の復帰について示唆しています。

「由規選手にはメディカルチェックを受けてもらいました。もう一度、しっかりリハビリのステップを踏めば、来年後半には戦力になってくれると思います。実績もあり、いろいろな経験をしてきているピッチャーとして、イーグルスでその経験を生かしてくれることを期待しています」

順調にいけば由規投手は、来季後半戦8月~9月頃の支配下登録復帰となるでしょう。

最後に

由規投手は華々しい高校時代とは裏腹に、非常に辛いプロ生活をしてきました。

現在28歳と年齢的にはまだまだこれから活躍の可能性もある投手だけに、是非とも不死鳥の如く復活して欲しいですね。

今後長く活躍するのであれば、投球スタイルのマイナーチェンジや課題の克服は必須となるでしょう。

それでも、これまでの実績や今回の決意を聞くともう一花咲かせてくれるのではないかと期待してしまいます。

仙台は由規投手の故郷でもあり、環境面ではこれ以上なく恵まれていると言えます。

故郷仙台から必ず復活してくれるはずです!

まだ28歳!活躍はこれから!頑張れ由規投手!

 

Sponsored Links

-ストーブリーグ2018‐2019, スポーツ, プロ野球, ヤクルト, 楽天