おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 巨人

陽岱鋼(巨人)死球受け骨折!怪我の復帰時期や全治と現在の近況!最新情報

ようだいかん 巨人 死球 離脱

読売ジャイアンツにとって非常に痛い離脱者が出てしまいました。

3月3日に行われた読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦で、一回の第一打席に柳投手から左手に死球を受け、その後代走を送られた陽岱鋼外野手。

その後、名古屋市内の病院で診察を受けその結果、左手甲の骨折と診断されました。

本記事では、陽岱鋼外野手について簡単にご紹介した上で、左手甲の骨折について全治や復帰時期などもご紹介していきます。

Sponsored Links

陽岱鋼のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

ようだいかん 巨人 死球

  • 本名:陽 岱鋼(よう だいかん)
  • 国籍:中華民国(台湾)
  • 出身地:台東県台東市
  • 生年月日:1987年1月17日
  • 年齢:31歳
  • 身長:183 cm
  • 体重:89 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:外野手
  • プロ入り:2005年 高校生ドラフト1巡目
  • 初出場:2007年4月20日
  • 年俸:3億円(2018年)※2017年から5年契約
  • 経歴:福岡第一高等学校 / 北海道日本ハムファイターズ (2006 - 2016) / 読売ジャイアンツ (2017 - )
  • 2017成績:87試合、打率.264、9本塁打、33打点、4盗塁
  • 通算(11年):1080試合、打率.273、90本塁打、418打点、138盗塁
  • 2018(4月3日時点)成績:4試合(13打数3安打)、打率.231、1打点

2005年のドラフト会議で、日ハムとソフトバンクが1位指名で競合し、結果日ハムが交渉権を得て入団。

当初陽選手は兄・陽耀勲選手が所属していたソフトバンク入りを熱望していたものの、日ハム側の熱意や北海道を訪れるなどの経緯もあり日ハム入団に至っています。ドラフト1位指名は台湾人初となる史上最高位の指名で、当時は台湾でも非常に話題となりました。

球界屈指の守備の名手で4度のゴールデングラブ賞も受賞しています。高い走力で2013年には47盗塁を決め盗塁王にも輝いています。

長打力もあり2014年には25本塁打も記録。走攻守揃った陽選手。

その一方で、課題も残っており三振が比較的多くフリースインガーの傾向が強く、20本塁打や47盗塁など超1流の成績を残してきたものの、規定に到達した上での打率3割が一度もありません

自身でも課題は自覚しており、巨人移籍直後の自主トレの際に「3割を打たないといけない。打ったことがないので、打者として早く壁をクリアしたい」とコメントしています。

昨年は下半身のコンディション不良で開幕1軍に間に合わず、1軍合流は6月6日の交流戦最中でした。8月は1番打者として好調を維持しましたが、9月になり不調に陥り87試合、打率.264、9本塁打、4盗塁に終わっています。

だからこそ今季にかける意気はすさまじく、開幕から4試合連続で1番打者としてチームを牽引していました。

Sponsored Links

左手甲の骨折について|故障の全治と復帰時期!

ようだいかん 巨人 左手 骨折

手の甲の骨折は中手骨(ちゅうしゅこつ)骨折といい、骨折した場所や折れ方によって症状や治療法が変わってきます。

治療法は大きく手術と保存療法があり、それにより復帰時期にも差が出てきますが中手骨骨折の場合長期離脱は避けられないでしょう。

球団の発表によると左手甲の骨折と診断され、全治については未定とされています。

術後や保存療法中には、リハビリの期間もしっかりと設けられるため復帰までは一月半から長ければ2カ月程かかると考えられます。

最後に

昨年開幕に間に合わず辛い思いをした陽選手。今年もまさかの開幕早々の長期離脱に非常に悔しい思いをしているでしょう。

「ちょっと残念ですけどね。こればっかりはね。本人も悔しいでしょうけども、1日でも早く治して復帰してほしい。抜けた穴をみんなでカバーしないといけない」

そう語る高橋監督にとっても、陽選手の長期離脱は今後更に頭を悩ませる材料になりそうです。

復帰後しっかりと結果を残すためにも万全を期してリハビリを行って、元気な姿で復帰してほしいですね。

可能であれば交流戦前には復帰してもらいたい所ですが、去年と同じく交流戦中の復帰が濃厚かなと予想します。がんばれ陽選手!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 巨人