おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

W杯 サッカー スポーツ

吉田麻也が再び怪我も全治判明!現在の状態と復帰時期・ワールドカップは…

まや いぶら

2018年6月14日から7月15日にかけて、ロシアで開催されるFIFAワールドカップ2018。

日本代表もグループHでしのぎを削る訳ですが、その日本代表に欠かせないDF吉田麻也選手が膝を故障しました。

近々では太もも裏の肉離れの影響でベンチ入りもしていませんでしたが、間もなく復帰といったところでのひざの故障です。

本記事では、簡単に吉田麻也選手についてご紹介すると共に、今回の怪我についてや全治と復帰時期・ワールドカップの出場の有無についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

吉田麻也のプロフィール|背番号を添えて…

サッカー まや ばんざーい

  • 本名:吉田麻也(よしだ まや)
  • 愛称:まや、まやっち、ヨッシー、マヤニスタ、サッカーの上手いブロガー、ウッチーの恋人
  • 生年月日:1988年8月24日
  • 年齢:29歳
  • 出身地:長崎県長崎市
  • 身長:189cm
  • 体重:85kg
  • 在籍チーム:サウサンプトンFC
  • ポジション:DF (CB)
  • 背番号:3
  • 利き足:右足
  • 経歴:名古屋グランパス(2007-2009)、VVV(2010-2012)、サウサンプトン(2012-)

「麻のように揉まれれば揉まれるほど強い男になってほしい」という両親の思いのこもった名前の通り、名古屋グランパス入団後センターバックにコンバートされ揉みに揉まれて日本を代表するDFに成長。またチームが決定力不足に陥った際は高さを生かしてFW起用されることもありました。

フェンロに移籍後怪我で09-10シーズンは棒に振りましたが、レギュラーに定着した2011年は「シーズンベストゴール」第1位を記録するなど攻守にわたりチームを牽引。50年ぶりの4連勝やチーム2位の5得点を挙げ残留に貢献しています。

その後イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFCへ完全移籍すると移籍初年度からレギュラーの座を獲得。当時マンUに所属していた香川選手とはプレミア史上初の日本人対決も実現しています。

2014年に一度左膝靭帯を損傷しています。2014年以降はサイドバックでの起用も増え、期待に応えています。その後も現在まで度々出場機会が減り、苦境に立たされてきたものの何度も不死鳥の如く復活レギュラーの座を奪い返しています。その結果、2016-17シーズン日本人選手として初のプレミアリーグ100試合出場を達成しています。

現在は2020年まで契約延長。開幕月となった8月のクラブ月間MVPを獲得。華々しい結果を残したものの、近々は太もも裏の肉離れの影響によって出場機会のない試合が続いていました。

日本代表にとっても欠かせない吉田麻也選手。フル代表デビューは2009年12月21日。その後は欠かせない戦力として現在までチームに貢献し続けています。

2012年のロンドンオリンピックではオーバーエイジ枠で選出され主将としてチームを牽引。

現在では長谷部誠選手不在の試合はキャプテンマークを巻く程に信頼を置かれています。更にDFながら高い決定力で試合終盤にはパワープレイ要員として前線に上がり攻守ともに貢献しています。

Sponsored Links

吉田麻也の故障|現在の状態と復帰時期・ワールドカップは大丈夫?

サッカー まや

吉田麻也選手はFAカップ5回戦ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦前の練習同僚のギド・カリージョと接触し膝をひねり怪我をしました。

検査の結果は『左膝内側側副靱帯損傷』となっています。

公式に全治は発表されていないものの、『左膝内側側副靱帯損傷』の場合軽~中度で、およそ1~3カ月で復帰が可能です。

サウサンプトンのマウリシオ・ペジェグリーノ監督は「私の考えでは2人(吉田麻也とブファル)はすぐに戻ってくるだろうが、もう1人はしばらく時間がかかりそうだ」と語っており、状態は深刻ではない事が伺い知れることから復帰についてもそれほどかからない事が分かります。

吉田麻也選手もこの事についてツイッターで発信しています。

それほど悲観している様子はなく、奮起している様子が分かります。監督の発言や一般的な全治、吉田麻也選手の様子を含めて考えると、ワールドカップが開催される6月14日までには間違いなく復帰できるでしょう。

ただし!3月に予定しているベルギ―遠征(23日マリ戦、27日ウクライナ戦)には影響が及ぶ可能性は非常に高いと予想されます。

最後に

日本代表がワールドカップを戦ううえで間違いなく欠かせない戦力吉田麻也選手。

今回日本代表で唯一ワールドカップ予選全試合900分フル出場しているのは、吉田麻也選手ただ一人。信頼度の高さが伺い知れますよね。ちなみに、フルタイム出場したフィールドプレーヤーでは2010年の闘莉王選手以来の記録です。

チームのムードメーカーとして、守備の要として、長谷部選手不在の時はキャプテンとして、チーム1のいじられキャラでありながらこれほど重要な選手は吉田麻也選手を置いていません。

逆に言うと吉田選手に代わる選手がいないのは今後の日本代表が多少心配になってしまいますよね。

ともあれ、吉田選手にはしっかりと怪我を治してもらってワールドカップには元気にチームを牽引してほしいですね!

Sponsored Links

-W杯, サッカー, スポーツ