おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

オリックス スポーツ プロ野球 阪神

元阪神岩本輝をオリックス獲得!戦力外はなぜ?球速球種・動画成績も紹介!

元阪神 岩本 オリックス 福井

先日ご紹介させていただいた新助っ人ドンローチ投手の獲得と共に、元阪神タイガース所属の岩本輝投手の獲得が球団から発表されました。

この補強によって更に投手陣の厚みが増すオリックスバファローズ。

本記事では、新たに補強された岩本輝投手について余すところなくご紹介していきます。

Sponsored Links

岩本輝のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

元阪神 岩本 福井 オリックス

  • 本名:岩本輝(いわもとあきら)
  • 出身地:山口県防府市
  • 生年月日:1992年10月21日
  • 年齢:25歳
  • 身長:182 cm
  • 体重:82 kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:投手
  • 背番号:91
  • プロ入り:2010年 ドラフト4位
  • 初出場:2012年9月9日
  • 経歴:山口県立南陽工業高等学校 / 阪神タイガース (2011 - 2016) / 福井ミラクルエレファンツ (2017 - 2018)
  • NPB通算:21試合(7先発)、4勝2敗、防御率2.64
  • 2018(BC):26試合(30投球回)、1勝1敗、防御率1.50、44奪三振

2010年のドラフト会議で、阪神タイガースから4位指名を受け契約金4,000万円、年俸600万円(推定)で入団。

1軍初登板は、2年目となる2012年9月9日の中日ドラゴンズ戦で先発としてデビュー。6回を2安打無失点で抑え、1軍初勝利を挙げています。

この勝利は高卒ルーキーで1軍初登板、初先発、初勝利となり、1951年の西村修氏以来となる、61年振り4人目の記録となりました。

更に1軍2試合目となるヤクルト戦でも先発で勝利投手となり、阪神で初登板初先発から2試合連続勝利を挙げ、1937年の西村幸生以来75年振り3人目となっています。

そして、「一軍初登板・初先発からの3試合連続先発勝利」という球団新記録がかかった試合では先発として自責点0で好投したものの、三塁手を務めていた新井良太選手の悪送球による1失点で敗戦投手となってしまいました。

2012年一軍公式戦では失点をこの1点にとどめ、防御率0.00、2勝1敗という成績でシーズンを終えました。

2013年は昨季の好成績から先発ローテ入りを期待されながらも、開幕は2軍スタート。その後も調子があがらず1軍では1試合の登板に留まります。

その後期待されつつも中々結果を出せずにシーズンが過ぎていきますが、2015年2年連続で春季キャンプを沖縄組で迎えると、福岡ソフトバンクホークスとのウエスタン・リーグ公式戦で「開幕投手」を務めます。

その後1軍2軍を往復しますが、先発中継ぎとユーティリティー性を生かして1軍公式戦で自己最多の13試合に登板しました。

しかし、2016年1軍公式戦の登板は一度もなく、ファームでも12試合の登板し防御率3.38。10月1日に球団から戦力外通告を受けました。

その後トライアウトを受けるも、NPB球団からのオファーはなく2017年1月6日に、BCリーグの福井ミラクルエレファンツが入団を発表。

BCでは2017年好成績を残し、前年に続きトライアウトを受けるもオファーはなく、今季引き続き中継ぎとして26試合に登板し、1勝1敗、防御率1.50、44奪三振の好成績を残していました。

そして7月7日オリックスへの入団が発表され、2シーズンぶりとなるNPB復帰を果たしました。

南陽工OBで広島東洋カープに在籍した投手・津田恒実に憧れており、当時からその津田氏を彷彿とさせる球速MAX150 km(現在145 km前後)の直球を武器に「津田二世」と評されていました。

変化球にスライダーやフォーク、カーブ、シュートなど投げ分けます。

Sponsored Links

岩本輝の動画

岩本輝の戦力外の理由とは

岩本投手の戦力外の理由は当時様々言われていましたが、主に言われていていたのは「故障」・「素行」・「実力不足」。

そして、戦力外の直接的な理由となったのは『故障』と『実力』でした。

戦力外となった2016年は肘の故障に悩まされ1軍登板は叶っていません、また2軍でもほとんど投げれず比較的深刻であると判断されていました。

また故障の影響もあり直球に以前ほどの力はなく、当時抜群のコントロールがあるわけでもなく、一級品の決め球があるわけでは無かった為ふるい落とされたと見られています。

戦力外となった際の阪神ファンの声はほぼ『見切りが早すぎる』という声で溢れていました。

低年俸であり、年齢も当時23歳だった為一度育成契約で切り替えれば…との声が大半を占めています。

また、一部で言われていた『素行』の悪さによって、戦力外となった話は現実的ではなく噂の域を出ていません。

最後に

岩本選手にとって念願のNPB復帰で、当時阪神在籍時の岩本選手を応援していたファンにとっても非常に嬉しい復帰でしょう。

年齢もまだ25歳と若く、ここから活躍すれば今後もしっかりとつながるはず。

ローチ投手と岩本選手の獲得によって、負担がかかっていた中継ぎ陣への負担も軽減し、後半戦の両投手の活躍によってはCS進出だけでなく、優勝もまだまだ狙える位置です。

今後の両投手の活躍にも期待ですね。初登板が楽しみ!

Sponsored Links

-オリックス, スポーツ, プロ野球, 阪神