おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 巨人

澤村拓一(巨人)の神経麻痺・針治療トレーナー名前は誰?現在の状態復帰時期

巨人 澤村 鍼治療

あの読売ジャイアンツが…異例中の異例!球団トップが所属選手の澤村投手に頭を下げ謝罪しました!勿論理由は鍼治療による「長胸神経まひ」の診断結果を受け、その日を認めたことからの謝罪です。

本記事では、澤村投手についてご紹介すると共に、鍼治療で起きたトラブルについてやそのトレーナーについて、また現在の近況や復帰時期などもご紹介します!

Sponsored Links

澤村拓一のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

澤村 巨人 鍼

  • 本名:澤村 拓一(さわむら ひろかず)
  • 出身地:栃木県栃木市
  • 生年月日:1988年4月3日
  • 年齢:29歳
  • 身長:184 cm
  • 体重:102 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2010年 ドラフト1位
  • 背番号:15
  • 初出場:2011年4月15日
  • 年俸:1億5,000万円(2017年)
  • 経歴:佐野日本大学高等学校 / 中央大学 / 読売ジャイアンツ (2011 - )
  • 2016成績:63試合、6勝4敗37S4H、防御率2.66
  • 成績(通算6年):225試合(88先発)、44勝41敗73S13H、防御率2.61
  • 今季2017二軍成績:7試合(8投球回)、1勝、防御率4.50

オーバースローから放たれる直球はプロ入り後MAX155 kmを記録。平均球速も145 kmあり、更に縦横のスライダーに、カーブ、フォークで組み立て、クイックも1秒台と非常に速いのが特徴。リリーフ転向後はストレートとフォークので配給を組み立てています。

兎にも角にもトレーニングが好きな努力家。2010年のドラフト会議で相思相愛だった読売ジャイアンツに単独1位指名を受け入団。この際メジャー球団からのオファーもあり、巨人以外から指名された場合はアメリカでのプロ入りの可能性もありました。

入団初年度から大車輪の活躍をし、セ・リーグの新人としては江夏豊以来の200イニングも到達。新人王も受賞しました。その後もしっかりと高数値を残すし、侍ジャパンにも選出されました。

しかし、2014年右肩の違和感で2軍スタート。大きく出遅れ、その後当時の原監督は不安定だった救援陣を強化するため澤村投手をを中継ぎに配置転換。

2015年・2016年は共に30セーブを越え守護神として高数値を残していました。

暴投はイップスではなく神経麻痺だった!

巨人 澤村 復帰 針

そして迎えた2017年。沖縄でのキャンプ中となる2月25日に右肩の張りを感じ球団トレーナーによる鍼治療を受けました。

その後も状態が改善されなかったことから複数の医師による診察の結果『長胸神経の麻痺』と診断。

『長胸神経の麻痺』になってしまった理由は鍼治療の可能性が非常に高く、一時的な麻痺が出て前鋸筋の機能障害が起きたと考えられています。

その事から3月の日ハムとのオープン戦での危険球退場後のイップス疑惑も、『長胸神経の麻痺』からくる運動機能障害が理由だったと思われます。

Sponsored Links

読売ジャイアンツ・鍼治療を施したトレーナーは誰?

巨人 澤村 針治療

ここで鍼治療を施したトレーナーについて調査してみました。読売ジャイアンツが抱えるトレーナー陣をご紹介します。

  • 医療コンディショニング室長:神谷成仁
  • 1軍チーフトレーナー:長橋光行
  • 1軍トレーナー:萩原彰紀
  • 1軍トレーナー:長濱静徹
  • 1軍トレーナー:吉田和正
  • 1軍トレーナー:根津朋将
  • 2軍チーフトレーナー:種田貴績
  • 2軍トレーナー:半田剛
  • 2軍トレーナー水留直輝
  • 3軍チーフトレーナー:川島希余茂
  • 3軍トレーナー:諸星潤
  • 残留故障班PT:石原祐司
  • 残留故障班PT:荒川玲
  • 残留故障班トレーナー:大塚五百紀
  • 残留故障班トレーナー:鬼頭健介
  • アスレティックトレーナー:岩垣光洋

現在巨人軍が抱えているトレーナー陣は人数が多くこの中にいる可能性は高いと思われますが、澤村投手に鍼治療を施したかどうかまではやはり発表されていませんでした。

現在の麻痺の状態と復帰時期最新情報!

澤村

球団GMの鹿取義隆氏のコメントをご紹介します。

「順調に回復し、かなり良くなってきているので、投げながら筋力を付けていくことになる」

コメントでは順調な回復を匂わせていますが、1軍登板は叶わず、ファームでの登板も未だ7試合で8投球回(防御率4.50)しか投げていません。

やはり今季中の復帰については難しく、来季キャンプに向けての調整と予想します。

しかし、ここに来て鹿取GMがを「状態もよくなかったのと、周りも変に思っていたと思うので。彼のためにも(名誉を)回復してあげたいということ」とコメントをしていることから回復に一定の目途がついたからこそ非を認め謝罪したのだと思われます。

必ず復帰してくれるはず!

最後に

巨人軍と言えば今までも鍼治療で何度かトラブルを起こしています。

1996年には槇原投手が同じく球団トレーナーの施術ミスでリハビリを余儀なくされ、1987年には江川投手が引退会見で「野球生命が絶たれるのを覚悟で右肩にはりを打った」と発言し物議を醸しました。

表面上に起きているだけでもこれだけあると考えると少し怖いですよね…

澤村投手は2月のキャンプ中の鍼治療で今季をまるまる棒に振るう事になってしまいました。このことからそれだけリスクも大きいと分かりますが、それでも鍼治療がなくならないということはやはり相当リターンも大きいのでしょうね…

表面上は球団代表が謝罪し、澤村投手もそれを受け入れトラブルは決着しましたが、これからも澤村投手は右肩の状態と戦わなければいけません。がんばれ澤村!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 巨人