おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

DeNA スポーツ プロ野球

梶谷隆幸(DeNA)の怪我復帰時期はいつ?現在の状態や近況2軍最新情報!

梶谷 DeNA 復帰

開幕スタートダッシュこそならなかったものの、連勝を4に伸ばし5勝5敗で勝率5割に戻したDeNA。しかし、現在も深刻な打線の不振が問題視されています。

チーム打率はセリーグ最下位でギリギリ2割となっており、早急なてこ入れが必要な状態と言えるでしょう。

そんな中やはり囁かれているのは梶谷待望論。こんな時だからこそ打ってくれる梶谷選手の存在はやはり1軍に必要不可欠と言えます。

本記事では、梶谷選手を簡単にご紹介したうえで、怪我の復帰時期についてや近況についてご紹介していきます。

Sponsored Links

梶谷隆幸のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

梶谷 DeNA 背中

  • 本名:梶谷隆幸(かじたにたかゆき)
  • 出身地:島根県松江市
  • 生年月日:1988年8月28日
  • 年齢:29歳
  • 身長:体重:180 cm
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:遊撃手→外野手
  • プロ入り:2006年 高校生ドラフト3巡目
  • 初出場:2009年4月9日
  • 背番号:3
  • 年俸:1億2,800万円(2018年)
  • 経歴:開星高等学校 / 横浜ベイスターズ・横浜DeNAベイスターズ (2007 - )
  • 2017成績:137試合、打率.243、21本塁打、60打点、21盗塁
  • 通算(8年):704試合、打率.261、87本塁打、311打点、127盗塁

走攻守全てが高いレベルでバランスの取れている梶谷選手。

2006年のドラフト会議で3位指名を受け、契約金4,500万円、年俸500万円(推定)で入団。

1軍で結果を残し始めたのは2013年からで、前年から一軍監督に就任した中畑清が「機動力野球」を掲げ、スタメン起用など重宝されましたが結果を残せず秋のフェニックスリーグでは、中畑監督から直々に指導を受けました。

その2013年には一時怪我で離脱したものの、規定到達事なかったものの打率.346、16本塁打、7盗塁を記録しています。

その後も幾度かの故障を乗り越え、5年連続2桁本塁打(2017年初の20本塁打越え)、4年連続20盗塁越えを記録しておりDeNAになくてはならない戦力と言えます。

また、昨年の契約交渉で念願の1億円プレーヤーの仲間入りを果たしています。

走攻守全てで高い水準を取っている梶谷選手ですが課題も残っており、昨年はリーグワーストの157三振を喫しておりフリースインガーの傾向は否めません。

Sponsored Links

肩と背中の故障について|近況と復帰時期はいつ?

梶谷 DeNA 肩

右肩痛でキャンプは2軍スタートも3月にしっかりと1軍合流。しかしオープン戦では12打数1安打、打率.083で不安が残っていた梶谷選手。

その後右の背中に痛みを感じていたことが判明し、開幕は2軍スタートとなった梶谷選手ですが、現時点(4月10日時点)では未だ2軍戦にも出場していません。

現在もファームで調整中となっており、2軍戦での実践復帰も叶っていない為復帰は早くても5月中になると見込まれています。

しかし、現状どれほどの怪我かの情報が無いため深刻な場合は6月や交流戦前後も覚悟しなければいけないでしょう…

最後に

チーム全体の深刻な不振が梶谷選手一人の復帰で簡単に変わる可能性は低いでしょう…

しかし梶谷選手が怪我で長期離脱していた2016年は、梶谷選手の合流を機に好転。下位に低迷していたチームをチーム史上初のクライマックスシリーズ進出へ導いたのです!

そんな実績もある梶谷選手だからこそ待望論も出てしまうと言うものですね!

梶谷選手の復帰がどれほどになるのか現時点でははっきりとした見通しは立っていないものの、選手一人一人が諦めなければ2年前の様にチャンスはいくらでもあるはずです!まだ開幕したばかりですし!

早く1軍で梶谷選手の躍動する姿を見たいですね…!待ってます!

Sponsored Links

-DeNA, スポーツ, プロ野球