おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

ストーブリーグ2018 スポーツ プロ野球 中日

中日ドラゴンズがガルシア投手を獲得!助っ人新外国人の成績や動画・球速球種

中日 ガルシア 獲得

中日ドラゴンズが27日ロイヤルズに所属していた新外国人選手オネルキ・ガルシア投手(28)を獲得したことを発表。スポーツ紙各紙も報じています。

ガルシア投手は、「キューバの山本昌」の愛称でも既に知られています。

本記事では、そのオネルキ・ガルシア投手について余すところなくご紹介していきます。

Sponsored Links

オネルキ・ガルシアのプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

中日 ガルシア 新外国人

  • 本名:オネルキ・ガルシア(Onelki García)
  • 国籍:キューバから亡命
  • 出身地:グアンタナモ州グアンタナモ
  • 生年月日:1989年8月2日
  • 年齢:28歳
  • 身長:6' 3" =約190.5 cm
  • 体重:220 lb =約99.8 kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:投手
  • 背番号:98(2013年) / 64(2017年) / 70(2018年)
  • プロ入り:2012年 MLBドラフト3巡目(全体113位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
  • 年俸:5000万円+出来高(2018年推定)
  • 初出場:2013年9月11日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦
  • 経歴:インディオス・デ・グアンタナモ / ロサンゼルス・ドジャース (2013) / メキシコシティ・レッドデビルズ (2016) / カンザスシティ・ロイヤルズ (2017)
  • MLB通算:5試合(1先発)、0勝1敗、防御率13.50
  • 2017MLB成績:2試合(1先発)、0勝1敗、防御率13.50
  • 2017マイナー成績:20試合(10先発)、7勝3敗、防御率5.04

2010年にアメリカに亡命。2012年のドラフトでドジャースへ入団。

翌年13年にメジャー契約を結び、アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビューを果たすも3点ビハインドの9回表から登板し、四球を出し一死もとれず降板し苦いメジャーデビューとなっています。

2013年オフには左ひじの手術もしており、その影響で2014年もマイナー1試合の登板に留まっています。

その後シカゴ・ホワイトソックスへ移籍し40人枠を外れる形でAA級のバーミングハム・バロンズへ降格。2016年はメキシカンリーグへ移籍後、2016年10月にはMLBカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んでいます。

2017年は4年ぶりにメジャー契約を果たしメジャーでの登板も果たしましたが結果は2試合、0勝1敗、防御率13.50と散々たるものでした。

190cmの巨体から放たれるフォーシームの直球はMAX155 km(平均150 km)。変化球はスライダーやチェンジアップも投じ、決め球はスライダー。

制球力にやや課題は残るものの、奪三振率の高さは魅力的です。また、先発・中継ぎどちらもこなせるユーティリティー性も併せ持っている速球派投手と言えます。

ちなみに、2007年から2012年は先発、2013年から2016年はリリーフ中心、2017年からは先発・リリーフで登板しておりマイナーでは通算97試合、メジャーでは通算5試合に登板してきました。

今冬はドミニカ共和国ウィンターリーグで10試合3勝2敗、防御率2.77と好数値を残しており、更に39回投げて37奪三振と持前の奪三振率も好調です。

Sponsored Links

オネルキ・ガルシアの動画と成績予想

ガルシア投手は直球にスピードがあり決め球のスライダーも切れ味良いものの、メジャーやマイナーで打たれており今まで防御率に関して高数値を残せていないのが少し気になるところですよね…

しかし、環境とボールさえ合えば日本でなら通用する可能性は十分あるでしょう。また、先発・リリーフもこなせる速球派左腕の使い勝手の良さは抜群であり投球機会は比較的多く巡ってくると予想します。

先発での起用なのかリリーフでの起用なのか不透明ではありますが、日本でなら防御率3.10程度残せると予想。先発起用なら10勝は行かずとも6-8勝くらいかなと予想します。

関連リンク

最後に

中日は来季新外国人選手が一新されるので、来年の新外国人選手らのプレーは今から楽しみですね。

また外国人選手としては比較的安い5000万円で、ユーティリティー性のある速球派左腕投手が獲得と考えると非常にプライスレスな気がします。

MLBやマイナーでの活躍を考えると多少不安は残りますが、今冬のドミニカウィンターリーグでの無双っぷりのガルシア投手が日本に来てくれたならとても期待出来そうですよね!

「日本の中日ドラゴンズと2018年シーズンの契約ができたことを、とてもうれしく思います。自分のモットーである気持ちのこもった投球をして、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

球団を通して上記のコメントをしており、熱のこもった投球、来季の活躍が今から楽しみですね!

Sponsored Links

-ストーブリーグ2018, スポーツ, プロ野球, 中日