おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 中日

中日ドラゴンズ来季2019次期新監督候補予想|森繫和監督謎采配解任決定的に…

2018/10/11

中日 森監督 2

10月11日追記!

中日の来季新監督に球団OBの与田剛氏が就任することが判明しました。

現役時代はルーキーイヤーで抑え投手として活躍し、31セーブを挙げる活躍。新人王などのタイトルを獲得。

その後怪我の影響もあり、2000年に引退しています。

与田氏は現在52歳で、16年から楽天で一軍投手コーチ、今季は二軍投手コーチを務めていました。

与田氏の就任に対しては一部ファンは既に否定的で、6年連続Bクラスのチーム再建はあまりにも重責ではないかとの見方もあります。

正式な就任会見は、来週にも行われる模様です。

また森監督は今後フロント入りとなっています。

オリックス福良監督に続き、来季続投困難と見られているのが中日ドラゴンズ・森繫和監督です。

2日に行われた巨人戦に敗戦し、自力でのCS進出は消滅。現在も53勝57敗2分の6位に低迷。森監督の采配に激怒した一部ファンによる抗議電話も殺到している状態です。

本記事では、退任が決定的と見られている森監督についてや今後について、また退任した場合の次期監督候補についてもご紹介していきます。

Sponsored Links

森繫和監督退任の可能性と今後について…

中日 森監督3

現役引退後は指導者として、西武ライオンズ、日本ハムファイターズ、横浜ベイスターズと渡り歩いており、2016年9月29日に来季から中日の監督に就任する事が発表されました。

63歳にして自身初の監督就任となり権藤博氏を抑え、史上最高齢での監督初就任となりました。

  • 2017成績:143試合、59勝79敗5分、5位
  • 2018成績:122試合、53勝67敗2分、6位

2日に行われた巨人戦に敗戦し、自力でのCS進出は消滅しています。

就任当初の球団首脳の説明では「契約年数は複数年」と説明されており、事実上の3年契約と見られていた契約は、初年度から単年契約だったことも判明。

球団には現在森監督の采配への抗議電話も殺到、来季監督人事案まで持ってくる人もおり、親会社の中日新聞社内でも「森降ろし」の風が吹いている始末です。

「残りの試合がある限り、みんなやり尽くす。勝ち負けだけでなく個人成績もある。当然、俺だって最後までやります」

今季終了までやり尽くすと語る一方でコメントからはやはり悲壮感を感じてしまいますよね…

「非常に言いにくいね」

8月下旬の白井文吾オーナーは森監督の去就についてコメントを濁しており、今回の自力でのCS進出消滅でやはり退任は決定的と見られています。

Sponsored Links

中日ドラゴンズ来季監督候補と予想

中日 小笠原

小笠原道大

監督候補の大本命と見られているのはやはり、小笠原二軍監督。

2015年に現役引退後、2016年から2軍監督に就任し今季も采配を振るっています。

  • 2017成績:109試合、52勝51敗6分、2位
  • 2018成績:106試合、36勝57敗13分、5位

2017シーズンこそ好成績を残しましたが、今季は1軍共々苦戦を強いられています。

本命候補と目されてはいますが、今季の成績により1軍監督への内部昇格を不安視する声もあります。

中日 立浪

立浪和義

小笠原2軍監督には及ばずとも、一部ファンからは非常に厚い支持を受けているのが立浪氏。

現役引退後は野球解説者として活躍し、度々様々な球団で次期監督候補として名前は上がっているもののここまで1軍監督就任は叶っていません。

立浪氏自身も著書の中で「いずれはもう一度、中日ドラゴンズのユニフォームを着て、指導者としてグラウンドに立ちたい。そのために、これからはいろいろ考えて努力していきたいと思う」と語っており、それがいつになるかは不透明ですが、間違いなく「いずれ」中日監督に就任することでしょう。

中日 落合

落合博満

2004年から2011年まで中日を率いていたまごうことなき名将・落合博満氏。

監督時代は落合流と言う独自の采配で、中日を常勝軍団に鍛えあげています。

  • 通算成績:1150試合、629勝491敗50分、Aクラス8回

落合氏の監督就任の可能性は非常に低い確率と見られており、半ば一部ファンの願望も多分に含んでいると言えます。

とは言え6年間もAクラスからは遠のいており、一時代を築いたと言っても過言ではないあの常勝・中日を作った落合氏の就任を望んでしまうのは致し方ない状況とも言えます。

落合氏は大穴と見られていますが、もし就任したとしたら間違いなく球界はざわめきセリーグを盛り上がる一助となるのは間違いないでしょう。

最後に

その他にもオリックスを率いた過去を持ち、現在は中日の野手チーフコーチとして森監督を助けている森脇浩司コーチや、現在プロ野球解説やカーレーサー、タレント・俳優活動など多方面で活躍している山崎武司氏の就任を願う声もありました。

先日紹介したばかりの退任が決定的となっているオリックス福良監督、また解任の声が日増しに大きくなる阪神・金本監督に続く、今回の森繫監督の退任騒動。

やはりチームを率いている立場上結果が残せなければ責任を取らなければいけなくなってしまうのは致し方ありませんよね…

単年契約とは言え、来季の契約が絶対に望めないという訳ではありません。シーズン終盤までの戦いで何かを残すことが出来れば、来季契約の種は間違いなくあるでしょう。

また、森監督の場合は今まで独自ルートで優良な外国人を獲得するなどしており、編成面で非常に高い評価を受けています。

監督を退任したとしても編成トップGMでの慰留の可能性もありそうですね。

 

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 中日