おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

スポーツ プロ野球 阪神

阪神タイガース安藤優也引退試合はいつ?2017現在の2軍(ファーム)成績

2017/09/16

阪神 安藤 引退試合

阪神一筋16年。2003年と2005年には2度のリーグ優勝にも貢献。2008年からは球団史上初となる3年連続開幕投手に輝くなど数々の栄光を飾ってきた安藤優也投手が引退することが14日にわかりました。

本記事では、安藤投手についてご紹介すると共に、引退会見での一問一答や引退試合についても調査ご紹介します。

Sponsored Links

安藤優也投手のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

阪神 安藤

  • 本名:安藤 優也(あんどう ゆうや)
  • 出身地:大分県大分市
  • 生年月日:1977年12月27日
  • 年齢:39歳
  • 身長:184 cm
  • 体重:96 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • プロ入り:2001年 自由獲得枠
  • 初出場:2002年4月7日
  • 背番号:16
  • 年俸:8,800万円(2017年)
  • 経歴:大分県立大分雄城台高等学校 / 法政大学 / トヨタ自動車 / 阪神タイガース (2002 - )
  • 16成績:50試合、1敗11H、防御率2.53
  • 今季17二軍成績:28試合、防御率4.10
  • 通算成績:485試合、77勝66敗11S76H、防御率3.56

2001年のドラフト会議で大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良選手と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。当時はMAX150 kmを投げる本格派右腕として期待されていました。

入団初年度から17試合(8先発)に登板するも3勝に終わっています。

2003年度から中継ぎに配置転換すると当時の伊良部秀樹投手のアドバイスもあり、51試合の登板で防御率1.62。当時のクローザーウィリアムス投手との勝利の方程式でリーグ優勝に導いています。

2005年にふたたび先発に転向すると11勝を挙げ優勝に貢献。その後度重なる怪我と戦いながら2008年から3年連続で開幕投手を務めるも、成績は伸びず当時1億あった年俸も一億を割ってしまいます。

その後も怪我に苦しみながら再び開花したのは再度中継ぎに転向した2013年。

2013年以降は今年まで4年連続50試合以上に登板しベテランとしてチームを牽引してきました。

2017年になると福原忍投手の引退により福留選手と並んでチーム最年長に。しかし、若手の台頭により層が厚くなった中継ぎ陣の前に今期の1軍昇格はありませんでした。

そして、2017年9月14日今季限りでの引退を表明。

Sponsored Links

安藤優也引退会見一問一答

阪神 安藤 引退会見

「本日はお忙しい中、お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。今季をもちまして私、安藤優也は現役を引退することを報告致します。16年間、ありがとうございました」

  • 引退を決意した、今の気持ち

「一番はホッとしています。肩の荷が下りたというか、体の心配をしなくていいんだなって。一番はホッとした気持ちです」

  • 引退を決意した一番の理由

「何点かあるんですけど、一番はやっぱり体力的な衰えが…今年は結構あったかなってところで。毎年、年(年齢)を重ねるごとに衰えは感じていたんですけど、今年は特に思うような動きができなかったり、思うようなボールが投げられなかったり…そういうのが結構ありましたし。年齢的なものもありましたし、限界に近づいてきたかなってことを…。今シーズンは一度も、1軍で投げることができていませんでしたので、戦力になれていないっていう現実を…。若いピッチャーが成長しているのを感じながら、総合的に判断して引退を決断しました」

  • いつ頃から引退を考え始めたのか

「8月に入ってからは頭の片隅にはあった。9月に入ってから考えるようになって、(今月)12日に正式に決断をしまして、球団の方に引退しますと伝えました」

  • 球団に報告し、何という言葉をかけられたか

「ねぎらいの言葉をもらいました」

  • 金本監督やチームメートに報告は

「決断した12日の夜に、監督に電話させていただいて、そのあとにチームメートに順番に報告しました」

  • 金本監督にはどのような言葉をかけられたのか

「監督からもねぎらいの言葉をいただきまして。でも冗談っぽく『もう限界やな』って言われました(笑)」

  • その時、何て答えたのか

「冗談っぽく、『限界ですね』って伝えました(笑)」

  • 引退を決断するにあたって、迷いはなかったのか

「8月から徐々に考えて、9月に入ってゆっくり考えて決断しましたので。その時はすごく迷いましたけど、現役でやれるっていう自信はどこかにはありましたけど、先ほども申し上げましたけど、総合的に判断して、ここが僕の引き際じゃないかと思いまして。今はすっきりしています」

  • 16年間で一番思い出に残っている、印象深い出来事は

「本当にいろいろあるんですけど、いい思い出もありますし、悔しい思い出もありますけど…。強いて言うなら、今年1年ファームで過ごした1年間っていうのは、僕にとってすごく貴重な1年間だったと思いますし。若手と一緒に練習してきて、自分の野球に対する考え方だったりとか、改めて感じたというか、考えさせられた1年間だったので。戦力にはなれませんでしたけど、今年ファームで過ごした1年間っていうのは、僕にとっては思い出深い1年間になりました」

  • 改めて16年間を振り返ってください

「もちろんいろいろ悔いはありますけど、100%の気持ちで引退することは、まずないですから。自分の中では、ほぼ悔いのない現役生活だった」

  • 引退後、やってみたいことは?

「12日に引退を正式に決断致しましたので、やってみたいことはまだ考えていないですけど、これからゆっくり時間はありますので、相談しながらゆっくり考えていきたいと思います」

  • ファンにメッセージをお願いします

「本当に16年間、たくさんのご声援ありがとうございました。時には叱咤激励、厳しい言葉もいただきましたけども、後輩たちにはなるべく厳しい言葉は我慢してもらって、温かい言葉をかけてあげてください。本当に16年間の長い間、ありがとうございました」

安藤優也の引退試合はいつ?

安藤 引退 いつ

球団は安藤投手に引退試合を用意する方針と既に発表しています。

しかし、四藤球団社長は「順位争いをしているチーム状況、天候の関係もあるので状況を見ながら、場をつくりたい」と話すに留めています。

このような状況から引退試合は甲子園での最終戦となる25日のDeNA戦になると予想します。

最後に

安藤投手の引退会見の一問一答は一部の抜粋になっていますが、本当に阪神愛にあふれている引退会見でした。

熱い涙に本当に感動…!今後はいつかまた今度は指導者として阪神のユニフォームを着てくれる日が来ることを祈っています!

間違いなく阪神の一時代を築いてくれた投手と言っても過言ではないでしょう。安藤投手本当にお疲れ様でした!

Sponsored Links

-スポーツ, プロ野球, 阪神