おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

MLB ストーブリーグ2018 スポーツ プロ野球

青木宣親日本球界復帰へ!来季去就復帰先はヤクルト?衰えや成績年俸を調査!

青木 メッツ 復帰

ニューヨークメッツに所属している青木宣親外野手が、今季最終戦を終え、今後の去就について日本復帰の可能性を示唆しました。

本記事では青木選手について年俸や成績、衰えについても調査ご紹介すると共に、日本球界復帰を示唆した理由や復帰先についても予想紹介します。

Sponsored Links

青木宣親のプロフィール|成績や年俸・背番号を添えて…

青木宣親 日本復帰

  • 本名:青木 宣親(あおき のりちか)
  • 出身地:宮崎県日向市
  • 生年月日:1982年1月5日
  • 年齢:35歳
  • 身長:5' 9" =約175.3 cm
  • 体重:180 lb =約81.6 kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:外野手
  • プロ入り:2003年 ドラフト4巡目
  • 初出場:NPB / 2004年7月17日
  • 背番号:23(2004年 - 2009年、2014年 - 2015年、2017年8月1日 - 同年8月29日、2006WBC、2008五輪、2009WBC) / 1(2010年 - 2011年) / 7(2012年 - 2013年、2017WBC) / 8(2016年) / 3(2017年 - 同年7月30日) / 11(2017年9月2日 - )
  • MLB / 2012年4月6日
  • 年俸:$5,500,000 (2017年)
  • 経歴:宮崎県立日向高等学校 / 早稲田大学 / ヤクルトスワローズ・東京ヤクルトスワローズ (2004 - 2011) / ミルウォーキー・ブルワーズ (2012 - 2013) /  カンザスシティ・ロイヤルズ (2014) / サンフランシスコ・ジャイアンツ (2015) / シアトル・マリナーズ (2016) / ヒューストン・アストロズ (2017) / トロント・ブルージェイズ (2017) / ニューヨーク・メッツ (2017 - )
  • NPB通算(8年):985試合、打率.329、84本塁打、385打点、164盗塁
  • MLB通算(5年):649試合、打率.286、28本塁打、184打点、88盗塁
  • 2016年:118試合(417打数)、打率.283、4本塁打、28打点、7盗塁
  • 2017今季:102打数、打率.284、8打点、5盗塁

2003年のドラフト会議で、ヤクルトスワローズから4位指名を受け入団。

日本プロ野球時代は通算打率.329を残し、首位打者を3度も獲得する程のバッティングセンスでリードオフマンとして大活躍。守備もフェンス際の飛球処理や捕球経路の取り方の不安定さなど所々難はあるものの、スピードを生かした守備範囲の広さでカバーしてきました。

2011年にポスティングシステムを行使しメジャー挑戦!250万ドルでミルウォーキー・ブルワーズが交渉権を獲得し、総額250万ドルの2年契約(3年目は年俸190万ドルの球団オプション)でブルワーズへ入団しました。

日本人ルーキー史上3人目の二桁本塁打・二桁盗塁を達成、日本人ルーキーではイチロー以来となる30盗塁、更に日本人史上8人目の規定打席に到達!1番打者の出塁率.353でリーグ2位を獲得こそしたものの、新人王の投票は5位で終わりました。

その後も怪我や不振に苦しめられながらも奮闘し、盗塁こそ衰えが見えるものの打率や出塁率、本塁打数などは現在もほぼ遜色ないと言えるでしょう。

Sponsored Links

日本球界復帰を示唆した理由は?来季復帰先は…

復帰 青木

青木選手にとって今季は激動の一年でした。

今季はアストロズで開幕し、日米通算2000安打を達成した後、トレードでブルージェイズに移籍。

更にそこから自由契約になり現在のメッツへ移籍と、大変な一年を過ごしていました。そして、今季最終戦を終え来季の去就やメジャーへのこだわりについて質問を受けました。

「ウーン、ちょっと。その辺は何か、考えられない。そのくらいやっぱり、精神的にはちょっと疲れたかもね。体はまだ100試合できるけど」

来季の日本復帰へ含みを持たせたのです。現在の青木選手でしたら間違いなく日本球界でも活躍できるでしょう!

今季最下位の古巣ヤクルトを筆頭に、メジャー帰りと言ったら阪神、更に相川の引退で背番号23が空いた巨人や、集客力アップで資金力が向上したDeNA、パリーグはオリックス・楽天など引く手あまたは間違いないでしょう!

関連リンク

最後に

メジャーで今まで安定して成績を残してきている青木選手の日本復帰となれば間違いなく戦力アップを見込めるでしょう。

メジャー帰りといったら少々不安になってしまいますが、これだけの実績と安定した成績を残してきている青木選手の入団となれば手放しで嬉しいですよね!

今季は言葉を悪く言ってしまえばたらい回しと一緒ですよね…来季は是非日本に帰ってきてまた日本のプロ野球を更に盛り上げてほしいですね!

 

Sponsored Links

-MLB, ストーブリーグ2018, スポーツ, プロ野球