おちゃめハック

ちょっとした情報をお届けします(^^♪

WBC スポーツ

青木宣親が侍ジャパンに合流!WBC2017の背番号や前大会の成績紹介!

%e4%be%8d%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%92

待望のメジャーリーガー!最後の侍ジャパン選手青木宣親選手が合流しました!2日には代表メンバー28人全員そろって最終調整も行われました。また、3日の阪神タイガース戦にスタメン予定となっていて1番での起用予定です。本記事では青木宣親選手の背番号や前大会の成績、今後の成績予想なども併せて紹介します。

Sponsored Links

青木宣親選手の背番号と前大会成績は?

WBC 青木

自身3度目のWBC大会となる今大会。青木宣親選手の背番号は7番となっています。

また前大会までの成績と国際大会の通算成績は

  • 2006年第1回WBC:6試合、5打数1安打、打率.200、打点1
  • 2009年第2回WBC:9試合、37打数12安打、打率.324、1盗塁、打点7
  • 通算:31試合、102打数30安打、打率.294、1本塁打、2盗塁、20打点 ※通算は国際大会全体の通算となっています。

成績だけ見ると今までの国際大会で大活躍の結果を残してきた青木宣親選手。今大会での活躍も期待されます。

WBC2017大会の成績予想!

WBC 青木

現在35歳の青木宣親選手。ピークはもはや過ぎたと思われますが、実はメジャーリーグでも常にコンスタントに結果を出してきています。

  • 2016年成績:118試合、打率.283、本塁打4、打点28、盗塁7、出塁率.349、OPS.738
  • メジャー通算(5年):985試合、打率.286、本塁打28、打点184、盗塁88、出塁率.353、OPS.739

Sponsored Links

上記の成績から鑑みると今大会でも間違いなく戦力になるのは間違いないでしょう。

当初青木選手の参加に否定的な意見も多かったのですが、現在不振の選手が多い中一定以上の成績が望める青木選手の参加はとても嬉しいはず!

WBC本大会でも1番か2番での起用を明言されています。メジャーでの経験もあり国際経験も豊富。短期決戦では経験がものを言います。様々な背景を鑑みて、打率は.280前後、1盗塁は記録できると予想します。

最後に

楽天の嶋も下半身の不安から本大会前に辞退する可能性がでてきました。辞退となると、西武の炭谷銀仁朗捕手(29)がメンバー入り候補となっています。

今大会は多くの辞退選手が出てきています。青木選手は侍ジャパンの唯一のメジャーリーガー。参加してもらえるだけで様々な情報も共有する事が出来ますし、打撃や守備だけでなくとても大きな戦力になってくれることは間違いありません。

本大会前の怪我にだけは是非注意してもらって是非侍ジャパンの切り込み隊長として活躍してもらいたいですね♪

Sponsored Links

-WBC, スポーツ